FC2ブログ
建国60周年パレード
建国60周年を祝う中国ですが内情は決して安定している訳ではありません。

ウィグル自治区やチベット自治区での少数民族の暴動(ただしウィグル自治区には少数と言っても2千万人住んでますが・・・)はその最たるものです。

それと13億人の人口のうちの8億人といわれる農村部の不満。GDPでやがて日本を抜くと言われている中国ですが、人口が日本の十倍以上ですので、一人当たり平均GDPは日本の十分の一でしかなく、しかも農村と都市で大きな格差ができています。さらに今回の金融恐慌で、輸出は軒並み大幅な減少となり、当然多くの農村出身の労働者が工場を解雇されました。

こういう自治区や農村部では中国共産党に対する不平・不満はかなり高まってきていると考えられています。そのため、今回の建国60周年記念行事では、ナショナリズムを高揚させるためもあり、派手な軍事パレードを行ったと言われています。

ウィグル自治区やチベット自治区などは、中国にとって大変貴重な資源の宝庫ですので、こういう地区に対しては武力による弾圧をさらに強硬に行う姿勢に変わりはないでしょう。

今中国人民解放軍では、陸軍を減らし海軍を充実する方向に動いています。そして削減した陸軍兵は、警察の補強に回り、国内の治安維持を強化するようです。

話はそれますが、海軍では、旧ソ連やオーストラリアから建造途中の空母4隻を鉄くずとして購入しています。これらを元に、旧ソ連空母ワリャーグ(5万8500トン)を練習空母として就役させ、その経験を踏まえて、2隻の中型空母(4万-6万トン級)を建造し計3隻体制で運用する予定です。艦載する戦闘機はロシア製戦闘機となる予定で、完成すればアメリカ(11席の8万トン以上の大型空母所有)につぐ世界第二位の空母保有国になります。

アメリカに唯一対抗しようかという海軍を保有した(だいぶ差はありますが)、まさに世界第二位の軍事力国家がすぐ近くにできるわけで、日本はアメリカとの同盟がより重要になってきます。東アジア共同体構想も、日米同盟あってのものだと思います。

話を戻しますが。昨年の金融危機で輸出が激減し多くの出稼ぎ農民工が解雇され農村に帰っていきました。しかしその農村に仕事があるわけでなく、治安も悪化するし不満も高まっていました。

そこで一気に50数兆円の景気対策を計画し、内陸部の農村部を中心に内需拡大政策を画策して、公共事業を行い、農村部での家電製品や車購入の補助を行い(家電下郷)、格差を埋め不満を解消しようとしています。

逆に、輸出産業への補助には積極的でないと言われています。今までの世界の工場という立場をあっさりと捨て、内需拡大による世界の市場への道を選択したようで、この辺の思い切った政策転換は共産国家ならではと言えます。

そして目標である年間8%のGDPの伸びを達成しようとしています。日本はマイナス成長ですから、中国共産党指導部がいかに的確に国内情勢を把握し、対策をとったかを改めて考えてしまいます。ただ、この8%成長は増え続ける中国労働者を受け入れるために必用な最低限の経済成長率で、8%を下回ってくると、労働者の受け入れがなくなっていき、特に農村の不満が募っていくのだそうです。

しかし今のところ何とか表面上は無事に体面を保っています。

ところが少数民族や農村部の不満もの他に、もう一つ今中国にとって大きな脅威となってきているものがあります。それは・・・続く(^^;)
スポンサーサイト



2009.10.02 Fri l 政治・経済・社会 l コメント (4) トラックバック (0) l top