FC2ブログ
鳩山2
都議選では民主党が圧勝し、衆議院総選挙でも勝利が間違いないという見方が強い。いよいよ民主党政権成立が秒読みに入ってきた雰囲気もある。しかし民主党も、鳩山代表の献金虚偽記載疑惑がでてきて、また不安定要素もでてきている。

これは、次期総裁有力候補である鳩山代表について調べていた朝日新聞記者が、公表されている献金リストを元に、その献金者に会いに行ったら「もう10年前に亡くなりました」とかいうものが200人近くでてきたという。虚偽記載に加えてこの寄付控除だけで2000万円の還付をもらっているというので特ダネとしてスクープしたらしい。

麻生総~1
また自民党総裁は、小泉~安部~福田~麻生とコロコロ替わったけれど、民主党代表も、管~前原~小沢~鳩山と同じように替わっている。マスコミは面白可笑しく好き勝手に報道するだろうが、ここでもう一度民主党に政権担当能力があるのかどうか、冷静になって考えてみることは必用だと思う。

その時どうしても課題となるのが、党内には様々な元政党出身がいて、これで統一した国家戦略がとれるのかということで、特に憲法問題と日米安保。またアメリカが軍隊を引き上げた場合の日本の軍事費、設備増強などについてどこまで考えているのか。

そして、民主党支持母体が、労働組合である自治労や日教組であることも問題となってくる。当然支持者に不利となるような政策はなかなか推進できないだろう。それで各自治体の財政が破綻しないか、自治労が強かった夕張の二の舞がでてきはしないか、また学校教育はどうなるのかという不安がでてくる。

霞ヶ関改革を声高々にうたってはいる。しかし、民主党政権ができたら3ヶ月でつぶすと言った高級官僚がいるという噂も聞く。政治家は一定の任期があり、選挙の洗礼を受けるが、官僚に政治家のような任期はない。そのため官僚組織は、自分たちの権益に反するものは、先送りにしたり、もし3ヶ月とかいう短期政権であれば、完全にサボタージュ(^^;)

民主党は官僚組織に100人を送り出す予定らしいが、既に自民党でも76人を送っている。決して0ではない。それで霞ヶ関改革が本当にできるかどうか、何とも言えないと思う。

ただ、官僚も若い人はそこまで省益を優先しているわけではなく、課長クラスから上の高級官僚らしいですが・・・話によると、3年以内に新しく入ったキャリア官僚の3割がやめていくらしい。彼らは決して将来の天下りを狙っているわけではなく、国のためにと入ってくるらしいが、現在の官僚制度の矛盾や現場の矛盾などからやめていくそうだ。

具体的な、各分野での政策や予算なども、各党のマニフェストを、やはりじっくり読んだり、演説を聞いたりして検討した上で選挙に行くべきだろう。

私が気になるのは医療問題、特に既に自分も保険料を払い、自分の親も世話になっている介護保険である。小泉内閣の時に決まった、医療費増加分を年2200億円抑制するという政策のおかげで、日本の医療費は対GDP比6.5%と、先進国最低レベルである。

ただこの2200億円抑制するという政策は、当時厚生労働省の内部で、旧厚生省出身者と旧労働省出身者で意見の統一ができず、また財務相からの強い締め付けもあってこうなり、そのまま続いてきた。

介護施設に入所した場合、月20~30万円が必用になります。それが何年続くのか。我々が安心して老後がおくれることが、1500兆円と言われる我々の蓄えを消費に向かわせる基本だと思います。これに対する政策などは、自分の目できっちりチェックしたいと思います。
スポンサーサイト



2009.07.14 Tue l 政治・経済・社会 l コメント (12) トラックバック (0) l top