FC2ブログ
先日、いつも商品相場のFAXを送ってくるア○○という会社から、副島隆彦氏の講演DVDを送ってきました。副島氏は有名な人だし、そのDVDを手に入れるとなると結構費用もかかるだろうにと思っていたら、仕事中に何度か話をさせて欲しいという電話がかかってきたらしい(受付から聞いた話です)。

仕事中は、特に仕事に関係ない業者からの電話は一切受付でシャットアウトして絶対に出ないんですが、まあDVD貰ったこともあるので、仕事が終わってから電話くれるようにと言いました。

夜7時半、そろそろ電話がかかってくるかと思っていたら、なんと本人が直接やってきた(゚д゚)!
広島市内からだと車で1時間ちょいかかると思うんだけど、どうせ前向きな話にならないし、労力の無駄が目に見えているので、電話で十分だったのに・・・。

副島隆彦氏は、著書でも米ドル暴落、金相場高騰を言われているので、どうせ金を買えという話だろうとは思っていました。

案の定、今グラム2900円ですが、これからもっと上がりますよという話です。確かに中国は今盛んに金を買っていますし、世界的にもドルへの信用が低下して、国単位で金が買われているらしく、金相場上昇は間違いないだろうとは思います。

先物取引kai

しかし、金を買うなら田中貴金属だろうと突っ込み入れながらよく聞いてみると、「金の先物」の話。先物と聞いただけで、TVなどでやっていた悲惨な話を思い出し、「やりません」と一言。

それでもせっかく広島市内から1時間かけてやってきたということで、説明を最後まで聞くことに。要するに105万円で2900万円の金が買えますよ。しかも金がグラム2900円から3000円に上がれば、100万円儲かりますという話です・・・うまくいけばね。

グラム2900円ということは、1キロ290万円、10キロが2900万円です。本来なら10キロ買うには2900万円必用なところが、105万円で買えてしまうというのが先物らしい。しかもこれが3000円に値上がりしたときの利益100万円はそのまま頂ける・・・うまくいけばね2(^^;)

確かに上がった時はいいけど、じゃあ下がったときはどうなるのと聞くと、どうもはぐらかされた感じですが、その105万円がパーになるか、追加のお金を払って続けるかになるようです。これでドツボにはまるんでしょうね。

ア○○は、下がった時は手数料要りませんと、良心的を強調してましたが、まあ、素人が手を出すもんじゃないですね。

昨日いつもの散髪屋にいってその話をしたら、
マスター「先物は勉強しといた方がええよ」と意外な返事。
オバ「追加のお金払えと言われて悲惨な結末になっているのをTVでやってるじゃない。」と言うと、
マスター「先物は株や相場で損をしないための保険としてやるもんで、先物だけをするんじゃない」とよく分からない返事。

例えば、日経平均225に連動する商品を1000万円持っている場合、上がれば儲かるのですが、下がったときには大きな損失を出すので、日経平均が下がる方の先物を50万円で買っておくと1000万円分の先物が買えます(だいたい5%で買えるそうです)。

そうすると、日経平均が下がったときにも、先物はその分利益が出るので大幅な損失にならない。

大手の輸出企業、例えばトヨタなんかも、為替相場で大きく利益が変動するわけですが、それを小さくするために円高になったときに儲かる先物相場を買っておき、円高になったときの損失を少なくなるようにしているらしいです。

結局、話をきいてもその仕組みが理解できなかったので、もちろん金先物には手を出しません、というかそんな余裕資金がない。目の前のことで精一杯。相手を間違えてるよ orz

それに多分こんな田舎の素人にまで手を延ばしてくるとは、先物を扱う会社もかなり厳しい状況だろうと思います。

スポンサーサイト



2009.07.02 Thu l 未分類 l コメント (6) トラックバック (0) l top