FC2ブログ
6月の月例経済報告で与謝野経財相は、景気は1~3月期が「底打ちの時期だと思う」と指摘。そのうえで「4~6月期以降はカーブは上向きで行き年末か来春には元通りになる」と述べ、事実上の景気「底打ち宣言」を出しました。
与謝野

 ホンマかいねそれ、ホンマに来春には景気は元通りになるの?甚だ疑問だし、実感がまるで湧いてこない(?。?)

 一部の経済学者は今後の世界的に大規模な公共事業が計画されていることなどから、その実行に伴い景気は回復し、特に高い技術力を誇る日本は、世界でも優位に立つという将来バラ色の見方をしています。

 確かに具体的に見てみると世界各地で大規模公共工事が計画もしくは始まっています。アメリカでは今までビッグスリーなどの自動車業界からの圧力もあり、鉄道網が整備されておらず、何と多くの鉄道は単線だという。この鉄道を高速化、即ち新幹線方式にして、大量の物資をより早く輸送して、経済を活性化させる。そのための鉄道工事をはじめることをオバマ大統領が発言しました。
米国鉄道網

しかし、その高速鉄道のレールは日本製でないと性能的に難しいらしいのです。

 また中国では、やはり新幹線導入が決定していますが、その車両はドイツ・フランス・ベルギーにより開発されたユーロスターとJRののぞみが併用される。中国はこの新幹線をさらに延ばしていく計画だということです。

 ロシアはヨーロッパへの天然ガスを供給していますが、ウズベキスタン経由のため、その通過料などでウズベキスタンとロシアがもめて、毎年特に冬場に供給がストップしているのを、別の経路でパイプラインを建設する計画だそうです。

 さらにパナマ運河は、現在の規模では、大型タンカーが通過できなため、第二パナマ運河を建設中だ。もちろんスエズ運河も拡幅工事(こちらは砂漠のため、岩盤のパナマ運河と違って工事が楽?)をすすめている。

 このように、将来の経済流通を活性化させるような公共事業が世界で目白押しのため、雇用は確保され景気も上向く、特に特殊技術を持つ日本は大きな特需が期待できるため、間違いなく景気は回復するという意見です・・・そう言われればそうかもしれん。

 そして経済的には、アメリカの圧倒的軍事力によって、世界的な戦争はなく、世界は経済的に国境がなくなり、継続的なデフレの中で、物価は下落を続けていくと予測しています。

米国債グラフ

その一方で、経済恐慌はまだ始まったばかりで、今後さらに悪化する。そして大量の国債発行が紙幣の価値を暴落させ、デフレどころかインフレがおこるという正反対の見方もあります・・・極端過ぎるわぃ。

日本は大量のアメリカ国債を保有しているが、ドル暴落により、それが紙くずとなり、日本経済を直撃する。極度の円高によって輸出産業は全滅、株価は暴落し、日本もさらなる大恐慌に?

そして、アメリカを中心に、現在の世界の経済システムそのもの、いや資本主義そのものが崩壊する。世界のGDP5000兆円という実体経済を無視して膨れあがった6京円(60000兆円)のデリバティブがパーになるという崩壊のシナリオである。


 ただ信じる信じないは別として、この2008年から2012年にかけては、西洋占星学的には、

①2008年~2012年に土星(安定)と天王星(改革)が180度の位置になり、安定と改革の間で混乱が起こる
②2012年に海王星(次元レベルアップ)が魚座(海王星の星座のため海王星の力がア~ップ!)にくるため、価値観の次元的なレベルアップというか変化が起こる

③2012年から冥王星(破壊と再生)が山羊座(保守的、国)に、天王星(ネットワーク)が牡羊座(改革)に入り、90度の角度の位置になる。これは1930年頃と同じ配置で、破壊と再生、国という単位がくずれ、国を超えたネットワークが発達してくる
④アメリカは2012年に向けて厳しい状態が続き、2012年~2013年に国内で考え方の衝突があり、経済危機は簡単には回復しない。中国、ロシアといった大国も、アメリカほどではないが混乱がある

とでてます。
占星術

さあ、景気は回復する?しない?どちらをあなたは選びますか(^^;)

まっ、どちらが正しいか素人の私にはさっぱり分かりません。いずれにしても、どのような状況になっても、もし全ての財産を失ったとしても、自分自身の内なる物はなくなりません。自分を磨き、価値を高め、必要とされる人間になることが大事でしょう。

変なウィルスに感染しても負けない免疫力を持ち、不況でも不平や不満を言わず、前向きに行く精神力を持ち、人に感謝する人間性を持っていれば、どんな世界もまた楽しいかもしれません。・・・もちろん、そのどれもできてない私です(>_<)

スポンサーサイト



2009.06.10 Wed l 政治・経済・社会 l コメント (10) トラックバック (0) l top