FC2ブログ
葉巻
景気の低迷には経済的犠牲を伴うが、米ボストンにあるダナ・ファーバー癌研究所の専門家らによると、以下に挙げる方法に従えば、無料または低コストで健康な生活を維持し、癌リスクを軽減することができるらしい。・・・が、どれも改めて言うほどのことでもなく、日本もアメリカも同じ事言ってますね。まぁ癌は日米同じだから当然ですけど。でも実行が難しい。

1.体を動かす:早足で歩くなどの軽度から中程度の有酸素運動(エアロビクス)は心臓によいほか、癌を克服した後の再発リスク軽減にも有用である。いくつかの癌リスクを軽減する上での一貫した方策は、運動して肥満を防ぐ!こと。エレベーターの代わりに階段を使う、テレビを見ながらエアロバイクやランニングマシンを使用する、チームスポーツをするなどの運動も有効である。~私はウォーキングと週5日、プールで泳いでます(^^)

2.健康的な食生活を送る:加工糖、赤身肉、カロリーの摂取を抑え、果物や野菜を多く摂ることにより、健康的な体重を維持し、一部の癌のリスクを軽減することができる。多くの果物や野菜の有用な栄養分は、皮など色の濃いところに集まっている。生のリンゴの皮には癌を予防する抗酸化物質クエルセチンが含まれ、カボチャ類、サツマイモ、ニンジンなどのオレンジ色の果物や野菜には、大腸癌、前立腺癌、肺癌および乳癌のリスクを減らすとされるカロチノイドが含まれている。~ビタミン、ミネラル、食物繊維をしっかりとることが重要ですね。玄米食もいいと思います。砂糖は良くないですね・・・今日から甘い物禁止~!ってのは・・・無理ですよね(^^)

3.喫煙を止める:最初から喫煙しないのがベストだが、喫煙者が少なくとも10~20年たばこを止めるだけで、肺癌の発症率を50%低下させることができる。禁煙は将来の医療コストを下げることにもつながる。米国癌協会によると、喫煙は肺癌全体の80%の原因となっているほか、口腔癌、咽喉癌、膵癌、子宮癌、膀胱癌、腎癌などのリスクも増大させるという。
~私は喫煙しませんが、特に10代のころからタバコ吸ってると癌になりやすいそうですよ(((p(>o<)q)))

4.アルコールを控える:飲酒を控えればそれ自体が金銭面での節約になるのはもちろんだが、一部の癌リスクも抑えることができる。例えば、閉経後女性が1日1杯の飲酒をすると乳癌リスクが増大することがわかっている。~ほぼ毎日飲んでます。これが難しいんだよね。ストレス社会では飲まずにやっとれませんからねぇ Ψ(・O・)Ψ お手上げ
スポンサーサイト



2009.02.02 Mon l 政治・経済・社会 l コメント (2) トラックバック (0) l top