上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いつも世話になっているバルコムFでMパフォーマンスデイという、BMWのMパフォーマンスパーツ売り出しを開催するという情報をキャッチして、さっそく電話。いつもは受付の誰かがさっと電話に出るのだが、今回は10回位鳴っても誰も出ない。休みかなと疑っていたところへ「お待たせしました、バルコムFのYです」と女性スタッフが出てくれたが・・・いつもの人ではない、私の知らない名前だった。
Mパフォデイ案内
(バルコムFのFacebookより)

まあ新人さんかなと思いつつ「Mパフォーマンスデイが今度の土・日に開催されますよね」と聞くと「ちょっと確かめてまいります」・・・はぁ?と思ったが、すぐに「はい、開催します」と返事があったので「それじゃあ、その時にMパフォーマンスパーツが安くなると思うけど、どの位安くなるの?」と質問すると「ちょっと確かめてまいります・・・はっきり分からないので、調べて後ほど私の方から電話します」と、どうも状況を把握していないようだった。

結局Yさんからかかってきた電話でも、どのくらい割引になるかは分からず、部品によって変わるので何%引きとは言えませんとのことだった。電話を切って、かかってきた電話の履歴を後から見るとバルコムFからではなくミニFからでした(?_?)
バルコム&ミニkai
(バルコムのショールームから同じ敷地にあるミニが見える)

これまでも経験あるけど、バルコムが忙しくて中々電話に出られない場合は、同じ敷地に隣接しているミニのスタッフが電話に出ることがあります。今回はミニのスタッフが電話にでたようです。MパフォーマンスデイはBMWのみでミニは関係ないし、さすがにそこまでの情報共有はなかったんでしょう。
Mパフォパーツカタログ
(前々から狙っていたMパフォパーツを注文)

詳しいことが分からないので、直ぐに担当セールスにメールしたところ、土日限定で全品15%引きですと返信があった(=o=;)

ちょっと遠回りしましたが、実はあるパーツを狙っていたので、担当セールスに日曜日に行くことをメールし、当日注文しました・・・嫁にはまだ内緒です・・・事後報告する予定です(;^_^A

M2 Competition Mperfoparts
(Mパフォパーツを纏ったM2C)

さてM2Competition情報ですが、広島のBMWディーラーに入っているのは、N55エンジンのM2は完全に終了で、S55エンジンのM2Cに切り替わることくらい。東京のある方からの情報では、東京ではすでにM2Cの予約を入れた方がいるそう。当面の販売は7DCTのみ。価格がはっきりするのは6月中旬とのこと。またこちらのバルコムでは、展示車も試乗車も予定ないけど、東京のディーラーでは、既に展示車、試乗車を注文しているとか(゜o゜;

さすが東京は違う!と感心しました。最後にデイジー・ラックより一流のパン職人目指して頑張る佐々木希が見つめるアルピナD3
デイジー・ラック3佐々木希アルピナkai
スポンサーサイト
2018.06.08 Fri l BMW l コメント (2) トラックバック (0) l top
【代車は218iグランツアラー】
BMW M2の1年点検を受けてきました。3泊4日で車を預けて、代車は3列シートの218iグランツアラー。3気筒の1.5リッターガソリンエンジンなので、非力かと思いや、高速道路でも余裕で加速していきました。乗り心地も良く、以前代車で借りた2列シートの218iアクティブツアラーより、ホイールベースが長く、安定感がある感じで疲れない。さすがBMWです。
グランツアラー1
(代車の218iグランツアラー)

ただ3気筒エンジンならではの振動とゆるいサウンドは何とかならんもんかと思ったけど、この実用車には合っているのかもしれないですね。またシートの表面が硬く、ちょっとちゃちな気がした。これはもう少し表層が軟らかい方が好みです。走行4,700キロで燃費は11.4km/Lと表示されていた。
グランツアラーシート
(シートの表層が硬い)

【タイヤ、ブレーキパッドも問題なしだったが・・・】
さて私のM2はこれで購入後丸2年。早いものです。走行距離は13,700キロ。1年点検では特に問題はなく、オイル交換や、ワイパーゴム交換、飛び石処理、コーティングメインテナンス等を行っていただいた。
グランツアラー店内
(担当セールスがいないのでアドバイザーに説明受ける)

懸念だったタイヤの摩耗も、溝が前6.5mm、後ろ5.5mm(溝1.5mmでスリップサインらしい)と、来年の車検までは十分に持つと言われました。またブレーキパッドも、普段減速の時はシフトダウンしてエンジンブレーキを使うようにしているためかもしれないが、10mm前後でほとんど減っていないらしい。
検査結果
(タイヤもブレーキパッドも問題なし)

一通り説明を受け、コーティング分の支払いを済ませて帰ろうとして、私のM2に近づいた所、担当セールスにお願いしておいたあることが出来てなかった。多分忘れていたんだろう。担当は不在だったし、工場の中では出来ないことなので、またの機会にやってもらうしかないか(´ε`;)ウーン…

【コーディングはリセットされず一安心】
もう一つの懸念であった、コーディングがリセットされるかもしれないというのは、杞憂だった。デイライトやサイドミラーの自動格納、ウィンカー4回点灯等特に変わりなく作動している。
M2前期
(デイライトを点灯させ、快調なN55直6サウンドを奏でるM2)

次の点検は1年後の車検となります。その時には3年リース終了しますので、返却か買い取りか、再リースかの選択になると思っていましたが、巷で噂のM2 Competition(M2C)がいよいよ登場しますので、そちらも気になる所です。

【M2Cの価格判明~日本は50万円アップか?】
M2C情報が次々出ていて、日本はまだですが、各国でのM2Cの価格も判明してきています。現行M2に比べて、ドイツ2,000ユーロ(26万円)アップイギリス2,600ポンド(38万円)アップ米国4,400ドル(48万円)アップと発表されました。

米国、ドイツ、英国に次ぐ世界第4位のM2販売台数を誇る日本ですから、これらと大きな違いはなく、およそ50万円アップくらいが予想されます。現在827万円のM2 DCTが877万円くらいか?
BMW BLOG3
(BMW BLOGよりM2 Competition M2Cの日本価格は50万円高くらいか?)

エンジンがS55、シートがスポーツシートに変わり、カスタマーから要望の強かったMミラーが付き、様々パーツが変わっているにもかかわらず、この価格というのは破格と言っても過言ではないでしょう。ただ現在のN55エンジンが、実はかなりS55のパーツが使われており、また既にM3、M4にも搭載されているエンジンなので、S55エンジン搭載してもさほどのコストアップにはなっていないという意見もあります。

その代り、従来のN55エンジン搭載のM2は無くなります。全てM2Cに切り替わると言われています。しかしこの価格なら、これまで通り高い人気を維持していくでしょう。担当セールスには正式にジャパンから発表があったら、一応見積もりを作ってくれるよう頼んでいます・・・N55エンジンのサウンドが気にいっているので今の所買うつもりないけど。
M2前期2
(久々のM2と帰路につく)

バルコムらしく?点検入れてもいつもどおりで特にお土産はなかったが(ホンダはあります)、いつもはバックヤードで事務をしていてほとんど会うことはない美女が(私は姫と呼んでいます)、昼食に出かけたショールームスタッフの代わりに受付にいて、コーヒーを入れてくれたのは、今回唯一の素晴らしいお土産だった(^^ゞ

最後に、M2 Competitionを注文しようかどうしようか悩んでいるNHKデイジーラック出演中の佐々木希
デイジラック希&M2C
2018.05.19 Sat l BMW l コメント (2) トラックバック (0) l top
【M2 Competition登場】
4月25日の北京モーターショーで、ついにBMW M2 Competition(M2C)がワールドプレミアされました。現在M2に乗っている私としては今年最も気になる車です。
北京モーターショー
(北京モーターショーより)

しかしこのM2C、実は3月の時点で、オーストラリアBMWが1ヶ月以上フライイングをして画像を出ていました。日本メーカーだったら大問題でしょうけど、それを許すBMWの懐の深さに乾杯したいです(^o^;
M2 Competitionkai
(BMWオーストラリアによるオフィシャル情報として事前に出てきた画像)

その後3月から4月にかけて、海外のネットでさらに詳細な情報が出てきながら、日本でもwebCGにM2 Competitionが登場しました。さらにある方から、イギリスの有名なユーチューバーSHMEE150さんが、M2 Competitionの実車を紹介している動画を教えていただいた。見てビックリ!何と発表まえのM2Cをスタジオに持ってきて解説しているし、実際に車に乗り込んで、エンジンこそかけなかったけど、スイッチONにして説明しています。何故こんな事が出来るのか不思議でならない。
M2Cstudio2kai.jpg
(何故かスタジオで発表前のM2Cを紹介しているSHMEEさん)

それなのに・・・先日ディーラーでセールスに聞いた所、日本で発売されることは間違いないけど、詳細は6月にならないとジャパンから情報が入ってこないと言っていた(´ε`;)ウーン…まあジャパンの出し惜しみと言うか、ディーラーの情報ってこんなもんなんかねぇ。
M2初期型2
(私の初期型M2)

【フロントグリルが意外に変わっていた】
M2Cfrontkai.jpg
(webCGのHPよりM2Cフロントグリル)

その新しいM2Cですが、まず外観は変化ないと読んでいたけど、フロントバンパーが少し変わったのはまだしも、まさかのキドニーグリルまで変わっています。よく見るとフロントバンパーにもコーナーセンサーが付いている。現行M2にはありません。サイド・リアはほとんど変わりなし。ホイールは同じ19インチですが、デザインが変わっています。サイドミラーがMミラーになっているのは羨ましいです。現行M2の方が大人しいデザインで、これは好き嫌いが分かれそう。私は現行M2の方が好みです。
M2CengineS55kai.jpg
(エンジンはS55で410馬力)

【S55エンジンは410馬力でMボタンとMミラー追加】
エンジンは噂通りN55(370馬力465Nm)からM3&M4のS55をデチューンしたエンジンが搭載されています(410馬力 550Nm)。レッドゾーンも7500rpmまで引き上げられた。0-100km/h加速は0.1秒短縮とのことで、車重が増えたためかそんなに速くはなっていない。

またステアリングにMボタンも追加され、シートもM4と同じスポーツシート。内容的にはカーボンルーフがないだけでほぼM4なんじゃないかと思います。
BMW M2 Mボタンkai
M2Cスポーツシートかい
M2CMmirrorkai.jpg
(羨ましい装備)

リアエンブレムはM2 Competitionとなっています。動画のM2Cはホッケンハイムシルバー。私的にはやっぱりアルピンホワイトの方が好みです。
M2Cstudio4kai.jpg
(リアエンブレム)

【価格は40万円アップか150万円アップ?】
後は価格ですね。日本価格はもちろん分からないですが、海外のサイトでは150万円アップくらいが噂されていたけど、イギリスからの情報では、現行M2が705万円からですが(BMW UKのHPより)、6MTが745万円、7DCTが785万円とのことでしたので、英国では40万円アップくらいの価格設定です・・・私は内容から見て150万円から200万円アップではないかと思っていたので、もし40万円アップくらいでこれだけの装備になるなら超サプライズ価格です(@_@;)

日本での現行M2(7DCT)販売価格は827万円ですから、150万円アップなら980万円、40万円アップなら870万円くらい・・・えらい違いです。ヒエラルキーを守るBMWですからM4との価格差を考慮して1000万円超えは無いんじゃないかと思いますが、40万円アップに抑えたら、超お買い得に思えます・・・安くないですけど(~_~;)

北京モーターショーからの情報では、M2Cは現行M2のアップグレード版ではなく、置き換わる形で発売され、現行型M2は生産中止になると言われています。BMW他の3リッター直6がN55からB58に置き換わり、N55搭載はM2のみとなっており、そのN55に新たな排ガス規制対策する余裕はないためS55に切り替えざるを得ない事情もあるようです。
  
現行M2のマイナーチェンジ版としてM2Cが発売されるなら大きな価格アップはないかもしれません。しかし実質的な現行M2のスポーツバージョン的内容を考えると1000万円弱の値が付けられても違和感はない。どちらになるんでしょうか。



【最新の運転支援システム搭載】
それと私が気になったのが、北京モーターショーで発表されたM2Cには最新の運転支援システムが搭載されるという一文。現在のM2は、シングルカメラによるセンシングで、機能的には必要最小限というレベル。これが充実していたら、私のような年寄りには大変ありがたい。ここはバルコムで確かめておきたい所です。

私としたら、今のM2の野性的でシャープで上品なN55サウンドがたまらなく好きなので、M2CのS55サウンドが、M4 のS55で感じた、荒々しくて、ちょっと品がなくて、V8っぽいサウンドのままだと手指は動かない・・・いや動かそうにも高すぎて手が出ないのが本音ですが(~O~;)

欧州では5月中旬から予約開始で、8月中旬頃から納車されるようですが、日本発売は今年年末頃と言われています。いずれにしても来年東京ベイにM2C試乗車が来て、それに試乗して、M2Cの運転支援システムとS55サウンドを確かめてから考えたいと思います。

【最後に】M4のセクシーな後ろ姿を見つめる、NHKのドラマで熱演中の佐々木希
佐々木希NHK&M4kai
2018.04.28 Sat l BMW l コメント (4) トラックバック (0) l top
【新型M5広島初登場】
お世話になっているバルコムFの担当セールスから、新型M5の展示車が来るので見に来ないかというメールがあった。おそらくユーザーに納車前の車で触ることが出来ないんだろうと乗り気でなかったんですが、バルコムFのFBにそのM5が載っていて、純粋に展示車であることが判明。しかも広島では初のM5展示車。
1バルコム到着
(朝一番でバルコムFに到着)

そうなるとあれこれ触って見る事が出来るし、もちろんM5に興味あるし、もうすぐ2年目の点検を迎えるM2について聞きたいこともあったので、担当セールスがショールームにいる時間に合わせて行ってきました。
2M5展示車2
(M5展示車はショールームの一番手前にあった)

バルコムに到着すると、いつも元気なAさんが出迎えてくれた。M5を見に来たよと告げると、さっそく案内してくれて、担当セールスにも連絡してくれた。
3M5展示車リア
(マフラーは4本出し)

ショールームに入ると一番手前に専用色ブルー(マリーナ・ベイ・ブルー)のM5が展示してありました。車内はオプションのシルバーと黒のフルレザーシート(87万円)、お洒落です。トランスミッションはDCTではなく8ATです。
4M5車内
(上質な内装とステアリングに付く2つの赤ボタンはMボタン)

これにオプションのB&Wオーディオ(56万円)がついていましたが、5シリーズのオプションオーディオであるハーマンカードンが8万円(M5はハーマンカードンが標準装備)ですから、その7倍のB&Wはどんだけ凄いサウンドなのか聞いてみたい気がします。ルーフはカーボン。ステアリングには左右に赤いMボタン。中々いかしてます。
5M5 BWスピーカー
(Bowers & Wilkinsのオーディオ。そのサウンドを聴いてみたい)

エンジンはBMWルールの1気筒500ccモジュラーエンジンではなく、1気筒550ccで新開発したV8の4.4リッターのツインターボ。600馬力のパワーに76.5kgmのトルク・・・化け物です。さすがにこれだけのパワーを後輪だけで受け止める事はできず、4輪駆動のみの設定になっています。
6M5 V8エンジン
(パワフルな4.4リッターV8ターボエンジン)

タイヤはミシュランですが、お決まりのパイロット・スーパー・スポーツ(PSS)ではなく、パイロット・スポーツ4Sになっていました。どうもPSSの後継みたいで、グリップ、耐摩耗性抜群のタイヤのようです。
7M5タイヤ
(タイヤは最新のミシュランパイロットスポーツ4S)

M5・・・う~ん、速くて、ちょっとお洒落で、優雅。完璧です(^O^)
ただボディサイズ、特に幅がノーマルより1段大きくなり、全幅は1905mm×全長4965mm×全高1480mmで日本の駐車場に合わない。私の借りている駐車場の場合、幅1.9m越えだと車が枠線からはみ出すかも(@_@;)
9M5価格
(目ん玉飛び出る価格)

そして価格も車両本体1700万円、オプション170万円・・・さらに120万円のカーボンブレーキ付けるとオプションだけで300万円。諸経費込みだと2000万円オーバー・・・目玉飛び出そうです(^o^;
8M5リア2

M5を色々見た後、テーブル席に座ってM5のカタログを見ていると、担当セールスがやってきた。このM5は岡山・広島・山口・福岡のBMWディーラーであるバルコムが購入したもので、これがあちこちのバルコムを回るらしい。試乗車にはならず、展示のみとのこと。

【M2情報あれこれ聞いてきました】
担当のセールスは30分したら出掛けないといけないということだったので、M2について聞きたかった質問を手短に彼に浴びせた。主な内容は以下の通り。

1. M2Competition情報: Competitionの価格はまだ不明で、情報は6月にジャパンから入ってくる。7月に生産開始され、年内に日本発売は間違いない。ノーマルモデルと併売だろうが、日本に入ってくるCompetitionの数はかなり少なく、実質的に限定販売みたいな感じではないか。

2. Mパフォパーツのセール:年に1,2回ある。20%引きになる・・・実はM2のカーボンリアディフューザー検討中です。
M2山中リア02
(Mパフォパーツ20%引きを狙ってます)

3. 6月に1年点検だが、いつからいつの間で入庫すれば良いか:6月の前後1か月。5月~7月末の間にということで、5月に点検に出そうと思っています。

4. 私のM2はコーディングでデイライト等を後から設定しているが、1年点検で入庫時に既に行っているコーディングはリセットされるか:リコールの時はリセットされることが多いが、点検だけの場合はリセットされない・・・ひとまず安心しました

5. 来年3年リースのM2がリースアップになるが、買い取りの場合、概算でどのくらい必要か:概算を計算してだしておくとのこと。推察だが、残価は税抜きなので税込み400万に車検20万くらいか?さらにタイヤ交換もしないといけない(T_T)

6. 私のM2のナビ・ミュージックプレーヤーはフォルダにお気に入りの曲をいれておいて、そのフォルダを検索して音楽を聴くことができます(日本製のナビでは当然ですが)。しかし先日代車で乗せてもらった新型523iのナビは、そのフォルダ検索が出来なかった。現在売っているM2LCIモデルはフォルダ検索が出来るかどうか。:2018年モデルから出来なくなっているとのこと。元々日本製に比べてミュージックプレーヤーの機能は低かったが、さらに悪化している。車の中でいつもお気に入りの昭和音楽をフォルダに入れて聴いているので、それが出来ないとなると、BMW購入意欲が無茶下がります( ノД`)シクシク…

7. 最近TVで国産車とBMWエアバッグ交換が流れているが、BMWのエアバッグリコールは終わったのか:Mスポ&Mのエアバッグは部品が現在ない状態で、いつ終わるか分からない。通常モデルのエアバッグは入ってきている。

8. BMW保有の韓国サーキットにはMモデルが揃っているらしい。BMWジャパンの企画で韓国のサーキットでM5を体験するツアーがあるとのことだったけど(ただしタイヤはハンコック製)休みが取れないので不可です(T_T
BMWは他にも米国・独国にもサーキット保有しているらしいが、何故日本に無い!orz

BMW東京ベイ
(BMW東京ベイHPより)

帰り際に、バックヤードで事務をしているベテランのAさんが挨拶に来てくれたので、M5のことを少し聞いてみた。展示する時には当然車のエンジンかけて動かす訳だけど、その時の音はどうだったと聞くと・・・結構迫力ある音だったとの返事。
やっぱM車は見るだけではなく、乗ってみないと分かりませんね。
しかし試乗してみたいけど、バルコムに試乗車が来ることは無いだろうとセールスも言っていた。BMW全車試乗可能を謳っている東京ベイに行くしかないですかね。

最後にNHKの新番組に出演する佐々木希とM2です。
NHK希&M2kai
2018.04.16 Mon l BMW l コメント (0) トラックバック (0) l top
平日の某日朝、F山方面に用事があり、その帰り道にちょうどBMWバルコムFの前を通るので、電話してコーヒーだけ頂きに寄ることにした。本当はこの日に、リコールとなっているM2のエアバッグ交換をやってもらえると良かったんですが、この広島地区にはまだ部品が来ていないとのこと orzマタセルネ~
バルコムからkai
(所用帰りにコーヒー飲みに寄ってみた)

バルコムFに到着すると、ショールームスタッフの元気者Aさんが出迎えてくれた。大した用事はなくてコーヒー飲むだけだけど、良いかね?と遠慮しながら言って、テーブルは一番奥の目立たない所に座らせてもらった。
テーブルkai
(一番奥のテーブルにヒッソリと)

今日はどういう用事でF山にいらしたんですか、と聞いてきたので、ある資料を元に、ショールームでの対応に関係ありそうな所を説明すると、意外に熱心に聞いてくれた。

そしていつもの様に、飲み物は何にしますかと聞いてきたので、メニュー表は新しくなったのに、メニューは相変わらず少ないままだね、といつもの様に皮肉を言った所、実は季節限定飲み物も今年に入って、ずっと一緒なんですよと衝撃の告白(=o=;)?
季節限定飲み物
(季節限定ドリンクの「ジンジャー&ゆず」は1月初めから変わってなかった)

確かに1月初め、福袋を購入するために寄った時にこのジンジャー&ゆず茶を飲んだ覚えがある。さすがバルコム、こういうことにお金はつぎ込まないという崩れない一貫性は、逆に素晴らしい(~_~;)

結局コーヒーを注文したのだが、飲み物だけかと思いきや、土日限定で、しかも数量限定なはずの、バルコム特性バームクーヘンが出てきたのには驚いた(?_?)
バルコムショールーム
(展示車は、横一列で面白みがない)

ショールームでは、車の配置が、以前は窓と平行に、縦2列で展示してあったのが、窓に向かって1列展示に変わっていた。何か規則的過ぎて面白みがない。私は以前の縦2列で、長さによって配列がズレている方が良かったです。
新型X3フロント
新型X3リア
(新型X3はやはり乗ってみないと分からない)

奥には新型X3の展示もあった。デザインはX1と旧型X3を足して2で割ったようなデザインで、特別目新しさはない。やはり試乗してみないとその良さは分からんだろう。

バームクーヘンを美味しく頂き、コーヒー飲んで一息つけたし、担当セールスは広島出張で留守なので、頼んでおいたM2 LCIモデルのカタログだけもらって帰ることにした。お客さんは私以外に一組だけだったし、平日のバルコムは意外に寛げました。
バームクーヘン
(平日にはあまりなかったバームクーヘンが付いてきた)

後日担当セールスに、海外のサイトで情報が溢れているM2 Competitionについて確認したところ、ジャパンからの情報では、今年登場することは間違いないけど、その詳細やそれがいつ登場するかは分からないとのことでした。あとM4カブリオレも出るらしい。

最後に、バルコムHに展示してあったブラックM4を見つめる佐々木希です。
M4希klai
2018.03.03 Sat l BMW l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。