FC2ブログ
体罰25akai
最近私のお楽しみ番組は佐々木希が出演している「お天気お姉さん」と月~金の夜11時半からのNHK「News Web」です。
社内がバタバタ状態でグッタリして帰宅という日々でしたが、お酒片手に、テキパキとしたMC振りとNHKらしからぬ可愛らしさを兼ね備えた橋本奈穂子アナウンサーのお顔を拝見しつつNewsを振り返ることによって疲れも随分癒されました。またHPの編集後記は番組以上に楽しいです(*´σ-`)
体罰1akai
体罰11akai
その News Webで体罰の問題を取り上げていました。
文部科学省有識者会議が、部活での体罰に対するガイドラインを発表したことを受けて、専門家の意見やツイッターで視聴者の意見を聞こうということでしょう。平素官僚様が出される意味不明な通達に悩まされている私としては、どこまで現場の現状に即した内容になっているかを興味を持って見ました・・・
体罰9akai
ゲストはシンクロナイズドスイミング元オリンピック銅メダリストの田中ウルヴェ京さん。現在心身の健康をテーマとした㈱MJコンテス取締役社長です。夫はフランス人だそうです。コメンテーターは経済学者の安田洋祐さん。

さてそのガイドラインは以下のように、部活指導の考え方をまず挙げていますが、何かとらえどころのない分かりにくい表現になっています。
体罰12akai
このガイドラインについてまず田中さんは、
「とてもまっとうに書かれているガイドラインでありマニュアルです。」
・・・まあ批判のしようがない当たり前のことが書かれているという意味ですかね(^_^;)

「指導する教師の解釈によって変わってくる可能性があるので、このガイドラインを読み込む作業が必要。コミュニケーションを大事にすると書いてるが、良いコミュニケーションはどうすればいいかは書いてないので現場の指導に対応できない。」
・・・漠然としていて分かりにくいという事でしょう。まじめな先生は混乱しそうですね(?o?)
体罰4akai
そして具体的に部活動において認められる指導と許されない指導(体罰)を示しています。まるで小学校の道徳のような、これは体罰ですよ、これは大丈夫ですよと具体的に例を挙げて指針を出していますが、教師をまるで子供扱いしたような内容で、現場を知らない人達が素人考えで作った浅はかなものにしか見えません。
体罰6akai
この具体例を挙げて体罰と指導を区別していることについて田中さんは
「細かく書きすぎてあって、指導者が自分で考える余地がなくなってしまう。
スポーツの楽しさは杓子定規なマニュアルでは伝わらない。」
・・・と述べています。これはダメと具体的に書きすぎると、そのどちらにも該当しないことにぶち当たった時に対応できなくなってしまうし、そんなマニュアルを心配しながらやっても楽しくないという事でしょうね。
体罰35akai
我々の仕事に於いてもそうですが、杓子定規なマニュアル対応だけでは質のいいサービスはできません。マニュアルは必要だけど、真のサービスはそれを超えたものを提供していかないとプロとは言えないと思っていますし、そこに面白さもあります。

そして「スポーツを指導していく上で、科学的根拠のある指導方法をしていくことが必要。その科学的根拠を指導者に示すべきだが今回はそれが示されていない。」
・・・昔我々の部活では水を飲まずにランニングやスポーツをすることは常識で、もし練習中に水を飲んだら怒られていました orz
しかしそれは現在では生理学的に否定され、マラソンはもちろん、プロ野球でも試合中に水分補給してますね。

科学的根拠に基づいて練習や試合をするというのはプロやプロレベルのアスリートでは常識だと思います。

またスポーツにおけるメンタル面についても「内発的モチベーション(自分の好きなことをやる)と外発的モチベーション(賞状もらう、金メダルをとる)があり、心理学的には体罰は内発的モチベーションを下げる。こういう知見を指導者は知るべきである。」

・・・これも科学的根拠ということでは同じですね。そういう勉強を指導者はしなくてはいけないし、そこに文部科学省もお金や人をかけるべきだと思いますね。
体罰15akai
「競技として、勝つためにやりたい子もいれば、楽しみたいためにやりたい子もいる。その目的によって体罰の意味も変わってくる。それをマニュアルで一括りにすること自体が無理がある。」

・・・とも言っています。そりゃそうですよね。甲子園目指して野球部に入った生徒は、甲子園に出るための練習なら厳しくて当たり前と思うし、単なる同好会レベルの意識しかない生徒には今日は暑いから練習休み!もありでしょう(^^ゞ

そして体罰の具体例を挙げていたことについては
「具体的な例を上げるのではなく、スポーツ生理学的、心理学的根拠に元づいた指導をするという概念を共有することで良かったのではないか。」

・・・まさにそうですよ。もし自分が部活の顧問だったら、こういうあまりに具体的な例で縛られると、そちらにエネルギーを使って、肝心の部活の方がおろそかになりそうです(>_<)
学問的根拠に基づいた指導をするようなシステムを作っていく方が生徒も先生も楽しく部活ができるように思いますけどね。
体罰32akai
そして「体罰をしないようにするために大事なことは1つ、人を尊敬すること。
Respecting each other
選手も指導者も男も女も年齢も技術レベルも関係なくお互いに尊敬しあっていれば体罰をする意味がなくなる。
本音で話をするためには、お互いがリスペクトしていないとできない。」

・・・と、中々核心をついているなと思いました。これは学校だけでなく職場でも言えることで、私の経験からも、経営者と従業員がお互いに相手を尊敬しながら仕事をいていることがうまくいく秘訣だなと思います。

そして最後に駄目だしともとれる一言
「このガイドラインは教師をリスペクトしたものではない。」

・・・う~ん、何か分かりにくい心のこもってないガイドラインだなぁと感じていましたが、この相手をリスペクトするという事が抜けていたんですね。良く理解出来ました(*_*;
いつも通りの、全く現場の血が通ってない官僚の作文でしかなかった、というのが私の感想です(´・ω・`)ガッカリ…
体罰23akai
上の写真は、このガイドラインの話の後長期国債の金利上昇について専門家に話を聞いたのですが、コメンテーターの経済学者安田さんの突っ込みが不十分だったため不満顔の橋本アナウンサー(^_^;
体罰33akai
と笑顔の橋本アナウンサーに苦笑いの安田さん。最後に新緑の中のBMW320iです。
bmee902.jpg



2013.05.15 Wed l 政治・経済・社会 l コメント (4) トラックバック (0) l top
さて面接の際に、こちらは何を見ているか、何を注意すればいいかを具体的に書きたいと思います。ただ今回は零細企業の女性事務職採用面接ですので、真面目で正確にコツコツやるタイプの方の採用を目指しています。それ以外のケースでは当てはまらないことも多いと思いますが、その点はご容赦下さいm(_ _)m

【1.面接前後も油断しない】
我々としては、真面目で困難にもくじけない、できるだけ優秀な人材を確保したいと、応募者同様に必死なわけです。ということで、応募者のよそ行きの顔からなんとかその人の本来の姿を探りだすために1次、2次面接のその前後まで、どこかに本性は出ないかしっかり観察していますので油断しない方がいいでしょう。
【2.絶対に遅刻しない】
面接でまず守らなければならないことは「絶対に遅刻しない」。時間が守れないような人に仕事を任せられますか?と言うことです。
こちらもその時間に合わせて準備していますので、それが無駄になります。今回一人電車に乗り遅れて遅刻した人がいましたが、その時点で不採用がほぼ決定的 orz
でもそういう場合には直ぐに電話で連絡を入れることは社会人として最低限のマナーです。それはクリアしてましたけど・・・
【3.指示は正確に守る】
また電話や紙面で企業が指示したことは正確に実行する必要があります。分からなければ確認すればいいです。それができずに、当日こちらの指示と違う事になっていた場合は、指示通りにできない人という判断をします。

【4.履歴書は丁寧な字で】
履歴書については字が上手い下手ではなく丁寧に書いてあることが大事です。字が雑な場合はこの面接があまり重要ではないのか或いは雑な仕事をするのかな?と思ってしまいます。
【5.履歴書は正確に】
履歴書の内容ですが、とにかく正確に書くこと。
嘘が書いてあった時点でアウトですし、就職後でもそれが発覚した場合は最悪やめてもらうこともあるでしょう。学生時代のアルバイト等は必要ないですが、学歴や職歴については正確に書く必要があります。
ええ格好する必要はありません。やってきた事実をしっかり書く。へんに格好つけてごまかそうとして書いても、ちょっと質問すると不自然さが浮き出てしまいます。ごまかそうとする人なのかな?と疑ってしまいます。
それまで職歴がある場合も、良いも悪いも全て正確に書く。辞めた理由はもちろん確認しますし不利になることもありますが、不利なことでも正確に書いてあると、正直な人だという判断もできます。何にせよ履歴書は正確であるというのがお互いの信頼関係の土台です。

【6.仕事にかける思いを自分の言葉でしっかり書く】
履歴書の中で差がつくのがここだと思います。ただ腰掛けで就職しようとしている人はここでその思いが書けていません。或いは何かの雛形をそのまま書いたような味気ないものになっています。逆に何とかこの職について仕事をしっかりしたいと思っている人は、自分の言葉でしっかりした文章で書いてあってその思いも伝わってきます。
そういう人は、入社してからも頑張る人が多いです。読み終えた後、う~んよく書けていると唸った人が今回の採用決定者です。
【7.有利な資格は有利】
就職しようとする業界に関連した資格を持っていることは、非常に!有利です(^O^)
応募者の中でその人しかその資格を持っていなかったら、やはりその人を最優先に考えます。その資格を持っている事自体実践で即役立ちますし、この業界で仕事をしたいという事がハッキリしますから、それは高く評価します。
でも大学や専門学校で習ってないという人もいるでしょう。その場合には通信教育等で独自に勉強することをお薦めします。今頃は色々なテーマがありますよね。それが勉強途中であっても、その業界にすすみたいという思いは伝わりますので高評価になります。

【8.厳しいことを言われてもメゲナイ】
応募者が多くいる中で1人に決めるため、どこまで覚悟があるかを問います。そこでちょっと厳しいことを言うのですが、そこでメゲテしまう人が多いです。これでだいたい6~7割の応募者が脱落します(*_*;
就職するということは、授業料払って教えてもらうのとは違って、社会に出て給料貰って働くことです。厳しく言われることは当たり前で、それを乗り越えて成長していかなくてはいけません。決して甘くはないのです。10のキツさに対して初めから8の覚悟しか持ってないとメゲテしまいますので、12の覚悟を持って望むことが大事です。
厳しく言われたことを、ただキツイと思ってしまうか、自分の甘さに気づいて良いアドバイスと受け取るかは自由です。
我々としてはそういう前向きな強い決意をもっている人に、是非来てもらいたいし、ちょっとキツイとすぐ辞めます!でも困りますので、あえて面接で厳しいことも言います。

以上実際の面接を通して思ったこと8項目をあげました。
それにしても人事と言うのは気を使います。自分のことであれば自分ががんばるだけでいいのですが、他人のこととなると自分の思いだけでもうまくいきません。
そんな中で優れたスタッフに巡り合え、価値観を共有した、打てば響くスタッフとお互いにに刺激し合い、お互いをリスペクトしながら質の高い仕事をしていく、これほど幸せなことはありません。だからこそ!新人採用は我々零細企業にとって命綱であると思っています。

【最後に.努力を続ける】
 それでも就職が決まらなかった人もいるでしょうが、それを決して人のせいにしない!人のせいにした時点で進歩はありません。フルタイムでなくてもアルバイトでも何か仕事を見つけて自分を高めるために努力を続け、就活を続けるべきです。実際に我が社のような零細企業に面接に来る人はそういうケースも多々あります。
 企業としては、困難な状況の中でも、いかに努力し、何を学び、自分の価値を高めてきたかを評価しますので、できる範囲で努力すべきです。
 努力してやってきたこと、経験してきたことは必ず自分の血肉となり、直ぐではないけどいつか(^^ゞそれが日の目を見る時が来ます。逆に努力を止めると、それも後々我が身に返ってきます(T_T) これは長年の私の経験から間違いなく言える事です。

色々失敗して、考えて、努力する。それが許されるのが若者の特権です。日本の未来は今の若い人にかかっていますから、是非失敗にも挫けないで希望をもってやっていって欲しいです。私がよく使うのは・・・「人生は一難去ってまた一難」「人生は綱渡り」「人生は波瀾万丈」・・・(?o? )・・・こんなもんだと思います。

non320ikai.jpg

2013.02.24 Sun l 政治・経済・社会 l コメント (10) トラックバック (0) l top
我が社のような超零細企業では、新人採用も3、4年に一度という状況です。
今年度は久々にその新規採用を行い事務職1名を決めました。来年専門職の採用2名も決まっていますので、一気に平均年齢が若返りそうです^_^;

中央はいざ知らず地方の景気は冷えきっていて、特に過疎地化しつつあって活気のないこのど田舎では、若者自体がいません(TOT)
そういう中での求人でしたので、応募があるかな~?と不安がありましたが、今年度も就職は大変だったようで、募集1名に対して大学、専門学校やハローワーク等からかなりの応募がありました(^O^)

応募者に話を聞いてみると、短大からの応募が多かったのですが、今年の短大の就活はかなり厳しかったみたいですね。
バブル景気の頃は逆に我々零細企業は募集しても中々応募もない状況でしたので、この不景気がいいのかどうなのかは微妙(;・∀・)

そこでこれから就活する若い人に何かの参考になればと思い、今回の1次面接、2次面接、採用決定の過程を通して、零細企業の老経営者が感じたことを述べたいと思います。今回は事務職で女性1名の求人で、あくまで零細企業での話です^_^;

まず我々零細企業にはハッキリ言って学歴は関係ありません。あくまで本人がどれだけできるかを面接で評価することになります。高学歴でもそれを鼻に掛けて偉そうにする人はむしろ避けます。素直に言うことを聞いてくれないと思われますので。

そしてやる気のない、楽をして給料貰いたいと考えているような人も、面接で何とか見抜いて避けたいと考えています。やる気がなくて文句言う人に教えるほど辛いことはありません。お互いに不幸ですから。

採用したいのは、やる気があって、真面目で素直で、少々ではへこたれない前向きな人材です。長くなりますので、詳細は後日・・・(∀`*ゞ)

希&Mkai
M135 & M6と佐々木希です。多分20才くらい。
2013.02.20 Wed l 政治・経済・社会 l コメント (8) トラックバック (0) l top
大阪市立桜宮高校体育科の入試が、橋下大阪市長の強い意向を踏んだ?大阪市教育委員会での協議で中止と決まりました。まさに受験直前のドタバタ劇で、桜宮高校在校生や受験生の動揺や混乱は避けられないと思います。

桜宮高校バスケット部の生徒が、バスケット部顧問の体罰を苦に自殺したという事は大変重い事実で、そこに潜む真実や因果関係は何としても徹底的に解明されるべきだと思います。

しかし橋下市長やTVによく出ている教育評論家の言う、全ての体罰は絶対的な悪で絶対に許さない。だから入試を中止して教員を総入れ替えして、桜宮高校の伝統もぶっ壊すというのは個人的には納得しかねます。

【体罰とは何か】
そもそも体罰とは一体何か。その体罰についての解釈によって大きく変わると思います。
それは感情にまかせたものでもなく、あくまで理性的に生徒への教育的判断から行われる肉体的苦痛を与える行為であって、その強度は手加減されたものであり、暴力とは違うし、何と言っても先生と生徒との信頼関係があれば、生徒も納得し、精神的ダメージも受けないと思います。

逆に感情的で、力加減をしないものは、まさに暴力であって、これは犯罪でしょう。
それはいかなる場面でも許されることではありません。いくら学校であろうと警察が介入して断固たる処罰をすべきと考えます。

桜宮高校の一件は、そこがうまくいってなかったのかもしれません。

【言罰はいいのか】
また手は出さなくても、言葉による暴力もあります。これを私は言罰と名付けました(^^ゞ
この方が実は生徒の心に大きな傷を付けるんじゃないでしょうか。その暴言でクラブやめたり悲惨な事になっているケースもあるようです。橋下市長の発言は、これに当てはまるかも(?o?)

【現代っ子に対する指導法】
しかしここで難しいのは、我々の子供の頃はもちろん体罰は当たり前の時代ですが、その頃に較べて子供自身が変わりました。少子化の中で子供同士が殴りあいの喧嘩をすることも少なく、また学校では体罰を是としない風潮だし、事実授業の中で先生が生徒に体罰なんてことはないと思います。

そもそも学校教育法11条では、いかなる理由があろうとも教師が児童生徒に体罰を行なうことを禁ずると明記されているという時代ですから、指導する側も難しいし、高度な指導力が求められる時代じゃないでしょうか。

だからこそ大事なのは指導する側のレベルの高さであって、今回は指導する顧問にそこまでの高度な指導力がなかったことが問題ではないかと思います。

【橋下理論で問題解決なるのか】
そのあたりの詳細な調査や分析が十分行われないまま、橋下市長はすぐに体罰を行った桜宮高校を非難し、一気に体育科入試中止、桜宮高校教員総入れ替え、桜宮高校の悪しき伝統を全てぶっ壊すと言いました。また中止にショックを受ける受験生に「生きていればまるもうけ」と発言し生徒側から非難されたりしています。

橋下市長の強権にビビったか、大阪市教育委員会の5人中4人が賛成して入試中止が決まりましたが、いくら入試を中止して教員を総入れ替えしても、体罰のみが原因であれば当然同じような問題は起きませんが、他の要因も絡んでいたのであれば、それで今回のような問題が解決するはずはありません。

むしろ極端に先生が萎縮してしまって、まともな指導ができなくなる恐れもあります。
それが生徒の為になるのかどうか?
間違いなく桜宮高校の体育科の伝統は消滅し、二度と立ち直れないでしょう。

【橋下帰納的推論は正しいか】
1を聞いて10を知る頭のいい橋下さんだし、しかも有能な?弁護士ですから相手を論破するのは得意でしょうけど、今回の体罰、自殺と聞いて一気に入試中止を打ち出した、所謂帰納法的理論は破綻していると思います。

帰納法と言うのは特に数学で習いましたけど、ある式がn=1の時に成り立つことを示して、k=nの時も成り立つと仮定してk=n+1でも成り立つことを証明すると、その式即ち仮定は正しいと言えるというものです。

つまり個別のある例を元に、全体の傾向を推定するのに有用な方法です。

橋下さんは、桜宮高校のある部活の体罰事件から帰納法的に推測して全体もそうだと一気に決めつけた訳ですけど、そこには全体即ちk=nが成り立つと仮定して、k=n+1でも成り立つという証明ができていません。

全体としての結論を出すにはもっと色々な症例を検討する必要があったはずですけど、それを自分の思い込みでか省いています。

今後、在校生や受験生、保護者や学校関係者に対してどうフォローしていくのか、また副作用を承知でこれだけのことを実現させた橋下市長が、本当に学校教育を考えての発言だったのか、単なるパフォーマンスだったのかも検証されるべきだと思います。
2013.01.23 Wed l 政治・経済・社会 l コメント (12) トラックバック (0) l top
【イー・アクセス買収】
ソフトバンクは、携帯電話会社イー・アクセスを株式1800億円、負債1800億円の約3600億円で買収し、完全子会社化しました。
ソフトバンク2
今回の買収は、ソフトバンクだけでなくauも狙っていたらしいけど、結局カリスマ経営者孫正義社長の決断と実行力で、見事買収に成功したようです。結局は買収価格が最も高かったということでしょう。それだけ何としてもソフトバンクはイー・アクセスが欲しかった訳です。

【ソフトバンクの事情】
ソフトバンクは繋がりにくいと言われていますが、これはドコモやauに比べて持っている回線が少ない事が大きく影響しています。現在あるのは2.1GHzと最近獲得したと盛んにCMしているプラチナバンドと呼ばれている900MHzです。この900MHzはCMで大きく謳っている割には、まだ7月に獲得したばかりで東京など大都市部しか設備が間に合っておらず、相変わらずほとんどの地方では同じ状況が続いています。
携帯電話周波数
(1.5GHzは第二世代の周波数)
2.1GHzは最大75Mbpsの高速通信が可能ですが、コンクリート等を通過しにくく繋がりにくいのが欠点。逆に900MHzは下り最大12Mbpsと速度は遅いのですが周波数が少ないためコンクリート等も通過しやすく繋がりやすいのですが、ソフトバンクは2.1GHzしか持っていなかったため、3G(第3世代)携帯電話もiPhoneも両方混在した状態で使っていました。それらの事情で繋がりにくいのは物理的にしかたなかったのです。

ドコモとauは基地局も多く、また2GHz (or 2.1GHz)と800MHzの両方を持っており、3G携帯電話は800MHz、スマホは2GHzという使い分けができていたのでこの差はどうしようもありません。
アイフォン5
【iPhone5とテザリング】
テザリングというのは、スマホに無線LANのモデムの役割をさせて、外出先からでも手持ちのノートパソコンから無線ランでスマホに繋げ、その回線を利用してインターネットができるシステムです。
元々ドコモ等の機種にはついていたのですが、今回iPhone5にこの機能がついたのです。

そしてさらにLTEという高速通信システムにも対応しています。
LTE(Long term evolution)とは第3世代と第4世代の中間の3.9世代と呼ばれる通信規格で、下りが100Mbps、上り50Mbpsと、光並みの速度を持っています。

しかしauのiPhone5はテザリング可能ですが、ソフトバンクは回線の混乱を恐れて解禁していないのです。そしてLTEも開始となるとますます混雑することは目に見えていて、このままではあっという間に他社に遅れをとってしまいます。

これを解消するためにソフトバンクとしては、何としてもイー・アクセスの1.7GHzが欲しかったのです。

ただこれは注意が必要と思ったのは、ソフトバンクがイー・アクセスの買収が決まった後、iPhone5のテザリングを12月15日に解禁すると発表しましたが、果たしてそれまでに体制が整うのか?
うまく行かなければ、年末年始にかけてソフトバンクの回線が大混乱に陥る可能性もあります(*_*;

【今後は】
まあスマホさえ持っていない私には、いったい何がどうなるのか、ハッキリ言ってついていけそうにありません(T_T)が、これで日本の携帯電話会社はドコモ・au・ソフトバンクの3社独占体制にほぼなりました。競争原理による価格破壊を狙って規制緩和して数社が乱立していましたが、結局元の木阿弥?で、今後値上げやサービス低下ってことにならないように願いたいもんです(・_・;)

あかん警察と番組中のCMからのんちゃんです(*^_^*)
nozomi CM
2012.10.04 Thu l 政治・経済・社会 l コメント (8) トラックバック (0) l top