FC2ブログ
【フリードマイナーチェンジ~フロントマスクがゆるくなった?】
ホンダカーズに所要で寄った時に、MCしたフリード・ハイブリッドが置いてあったので試乗させてもらった。フロントには、110馬力1.5リッターのガソリンエンジンと、29.5馬力のモーターが積んであります。燃費はJC08モードで28km/L。全幅1695mmの5ナンバーサイズなのに3列シート。低燃費でコンパクトなのに車内は広々している車で、嫁のNボックスから乗り換えるとすると、候補となる1台です。
新型フリード002
フリードサイド
フリードリア
(ゆるキャラになったフロントマスク)

MCで変わったのは、フロントマスク。これまでのいかつい感じから、ゆるい感じになってます。これは賛否両論ではないでしょうか。私はあまり好みではないです。ただし、クロススターというちょっとSUV風のグレードは、MC前の顔を残しています。ちょっといかつい感じが良ければ、そちらをという保険でしょうか?
旧型フリード
(MC前のフリードの方がいかつい)

乗り込む前に、運転席ドア下の三角マーク発見。セールスに聞くと、足を近づけると、ハンズフリーでリアのスライドドアが開く仕掛けになっているらしい。やってもらったけど、センサーの感度がイマイチな気がしました^^;・・・オプションらしいけど、私なら付けないでしょう。
センサー
(ハンズフリーオートスライドドアのセンサーは感度が今ひとつ)

【車内は3列目まで十分広く、ウォークスルーも楽しい】
全高1710mmで、運転席はちょっと高く見晴らしが良い。その分床が少し高いので、足の悪い高齢者には出入りが難しくなりそうだが、Nボックスと同じくリアには取っ手があるので大丈夫でしょう。
フリード2列目2
(1列目から2列目、3列目にウォークスルー出来る)

リアシートは、頭上も膝元も十分余裕があり、3列目も足先が2列目シート下に入るので、窮屈ではない。うまく設計してあります。ただ床下にバッテリーがあるためか、ちょうど右席の右足の所が、内側に向けて少し傾斜がある。フラットではないので、快適さが損なわれます。フラットなら3列目もやや小柄な大人なら長距離もいけると思います。ガソリン車はフラットだと期待します。
フリード2列目
(2列目足元には余裕がある)

運転席から2列目、さらに3列目とウォークスルーできるので、車内が気楽にフルに使える。最近のミニバンは、センターコンソールが立派になって、運転席からのウォークスルー出来ないが、フリードはリアシートと行き来できて楽しいと思います。家族連れにピッタリの車かも。
3列目シート
(3列目もちゃんと座れる)

リアの荷室は3列シートの場合は狭い。3列目にあまり乗らないのなら、2列の+の方が荷室の使い勝手は良いと思います。
フリード3列目
フリード3列目2
(リアの荷室は狭い)

【軽快感がなく、走りを楽しむ車ではない】
スタートボタン押しても、モーターのみ始動でエンジンはかからず無音です。そしてアクセル踏むと、無音のまま車が動き出す。しかし、出だしはモーターのみだが、踏み込むとすぐにエンジンが結構勇ましい音で始動。非力ではないが、パワフルでもなく、走りを楽しむ車ではない。私の希望は1.5リッターターボをモデューロXとして追加して欲しい。それが実現すれば、結構心が動きそうです。
フリード運転席
フリード運転席メーター
(運転席)

バッテリー積んであるため、軽快感はなく、ずっしりしていて乗り心地はソフト。接地感は高くなく、あまり飛ばす気になれない。パーキングが電動ではないので、前車追従して止まるACC機能は無い?ホンダセンシングは多分Nワゴンの方が高性能だろう。

【選ぶならガソリン車か】
私が検討するなら、モーター走行のみの時間が短く、軽快感が損なわれるハイブリッドは選ばない。3列目に人を乗せる機会もほとんど無く、むしろ荷物を運ぶ方が多いので、フリード+の1.5LガソリンG・Honda sensingを選びます。
フリードエンジン2
フリードエンジン
(ハイブリッドは軽快感に欠ける)

ガソリンとハイブリッドを比較すると60~70キロガソリン車が軽い。パワーも1.5リッターNAで129馬力と他のメーカーよりハイパワー。ハイブリッドの1.5Lエンジンが110馬力、モーターが29.5馬力なので、重量差を考えると、ガソリン車の方が速いのではないだろうか。価格も1.5Lガソリンのフリード+なら218万円とリーゾナブル。ハイブリッドは40万円高い。担当セールスも1.5Lガソリンのフリードに乗っているらしいけど、軽快に走るそうだ。

でも家内がNボックスをすごく気に入っているので、当分買い替えはないでしょう^^;

【ホンダカーズからの最新ホンダ車情報】
さて、ここでホンダカーズでこの時聞いたホンダ車情報です。

1.電動パーキングブレーキの不具合が解決したNワゴンは1月から生産再開。リコール届けをだしたらしいが、それは既に販売したNワゴン千数百台(多くが試乗車)が対象。ただ注文済みでまだ生産できてない台数があるので、今注文しても納車は来年6月とのこと。

2.現行は既に生産中止しているNワンが来年夏~秋頃FMC。全高は1550mm以下で6MT搭載するらしい。これでモデューロXの6MTが出たら、エンジンはVTECだし乗ってみたい。楽しみです。
フィットカタログ
(新型フィットは2月14日発売)

3.Nワゴンと同じ電動パーキングのため、発売が遅れていた新型フィットは2月14日発売。ガソリンエンジンは1.3Lのみ。ハイブリッドは1.5Lエンジン+モーター。最新のホンダセンシングと緊急時のSOS搭載。岡山の中山サーキットで、デミオ、ノート、アクアと乗り比べをしたらしい。アクアとデミオは狭く、ノートはそこそこ広かったが、やはりフィットの車内の広さは一番だったそうだ。

4.新型アコードも来年FMC。自動運転レベル3搭載。
5.アクティバンは来年生産中止予定。採算が合わないらしい。OEMで他社のバンを売ることはしないそうだ。

6.来年1月にs660マイナーチェンジ。新色が出る。デイライト搭載。アルミホイールデザイン変更。サイドミラーにウインカーが付く。ホンダセンシングは付かない(今までと同じレーザーのみ)。シートデザイン、ステアリングデザイン変更。走りの中身はあまり変わらないか?ナビは変更なし。販売台数低いのに何故MCしたのか不明ですが、ホンダカーズ社長には新型s660の試乗車をお願いしておきました(^o^)
白竜湖かい3
(もうすぐMCするs660)

Nワン生産終了、Nワゴン生産一時停止という状況で、今現在販売出来る軽は、Nボックス、Nバン、s660しか無いと担当セールスが嘆いていました。その分、来年登場するNワゴン、フィット、アコード、Nワン、s660には期待しているようでした。
スポンサーサイト



2019.12.27 Fri l s660 l コメント (0) トラックバック (0) l top
マツダ3~リアクウォーターのデザインは見事】
自動車評論家から高い評価を受けているマツダ3、是非実車を確認してみたいと近くのアンフィニ店に行って試乗してきました。CX30もあったので、両方試乗することにして、3がガソリン、CX30はディーゼルをお願いしました。
マツダ301
(魂動デザインが進化したマツダ3)

まずは3のデザインは、所謂魂動デザインがさらに進化していて、特にリアクウォーターが個性的。崩れそうでいながらまとまった微妙で絶妙な曲線は、中々面白い。一歩間違えばボロボロになる所を、逆にセクシーなラインで美しくまとめ上げている、非常に味のあるデザイン。見事です。魂動デザインが好きでない私ですが、ロードスターと共に気にいりました。
マツダ302
(リアクウォーターのデザインは絶妙)

こういう微妙な曲線を使いながらセクシーで味のあるデザインに仕上げた国産車は、私の中では、2代目セリカクーペとV35スカイラインクーペ以来です。

【車内空間は狭いく、リアシートには座りたくない】
ただ、フロントマスクはマツダ車共通ですが、どうも力が入り過ぎていて、ちょっと息苦しくなる気がします。私はあまり好きではないです。それと返す返すも残念なのはBe a driveというキャッチフレーズもあるけど、ドライバー重視のためかFFなのにロングノーズ。そのためフロントコーナーセンサーが標準装備だったけど良いのかどうなのか(・・?
マツダ3リアシート
(リアシートは狭い)

車内は当然狭く、リアシートに座ると、デザイン重視の影響か、ルーフが後方で下がるため、頭上空間も狭いです。カローラのリアシートも狭いですけど、膝前は同じくらいで、頭上空間は3の完敗。実質的には、5ドアクーペなのかもしれません。3のリアシートで長時間移動は勘弁願いたい。

【走りは軽快で楽しい】
エンジンは1.5リッターのガソリンNA。街乗りではパワー不足はなく、軽快に気持ちよく回る。ハンドリングも素直な感じ。乗り心地は、マルチリンクからトーションビームにグレードダウンしたが、凹凸をうまくいなしていて不満はないが、カローラツーリングの方が良い気がした。

ボディ剛性はBMWほどではない。カローラと較べると少し劣るか?でも十分。トランスミッションが、CVTではなくATなのは日本車では貴重で非常に好ましい。そしてこのクラスでシート色を黒と白から選べられるのもグッドです。試乗コースが山道を含んでいたため、アクセル踏み込んで、ワインディングを楽しめました。
マツダ303
(1.5Lガソリンエンジンの走りは軽快)

【装備は充実】
装備で気になった所は
1.カメラ、レーダー、レーザー等によるセンシングで、精度は不明だが、セーフティーレベルは最先端が付いていた。
2.ヘッドアップ・ディスプレイ標準装備だが、速度表示のみ。無くて良いのでオプションにして欲しい。
3.標準装備のオーディがかなりいい音がしていた。8スピーカーで、フロントにはツイーター、センタースピーカー、サブウーハーも付いていた。オプションの12スピーカーのBOSEも10万円しない価格で取り付けられるのは非常にお買い得。
カローラツーリング
(新型カローラは、リアシートが狭い以外は非常に良かった)

【CX30試乗~3より実用的だが】
続いて、マツダ3をベースにしたSUVであるCX30に試乗。こちらは1.8Lディーゼルターボです。ディーゼルは、アイドリングではディーゼルとわかるが、走り出すと気にならない。パワフルではないけど、非力でもない。非常にスムーズに吹け上がるかと言えばそうでもなく、可もなく不可もなしで、あまり印象はない。
cx30.jpg
cx30-2.jpg
(リアの居住性が良いCX30)

マツダ3とほぼ同じ装備で、ドライブフィーリングは車高高いけど気にならず、安定した走り。リアシートは、3より頭上空間も広く、膝前スペースも大きい。カローラツーリングよりも広いので、後ろに人を乗せる機会が多いのであれば、CX30が向いている。

【結論:カローラツーリングの方がバランスが良い?】
技術者の思いが強く、デザイン重視で実用性が抑えられている。マツダ3はクーペと考えると納得がいくかも。魂動デザインは妙に力が入り過ぎている気がして、もう少し肩の力が抜けているデザインの方が私は好ましいです。ただ走ることについては楽しめる。万人向けではなく、乗る人を選ぶような車ではないでしょうか。以前試乗した新型カローラツーリングの方が、動力性能やセーフティー性能、価格のバランスが取れていて、気楽に乗れるような気がする。
2019.12.16 Mon l l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年の台風は、関東・東海・甲信越・東北等、とてつもなく広範囲に甚大な被害をもたらしました。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

昨年7月、私の地区も西日本豪雨で町内を流れる川が氾濫し大きな被害が出ました。水が引いた後には、泥の除去や浸水した家屋等の掃除に加えて、停電・断水・道路が遮断されて物流ストップ等生活に大きな影響が出ました。メイン道路はまだ工事が続いていますし、未だ手つかずの場所もあります。復旧には時間がかかりますが、これから寒くなりますし、まずは生活インフラのための早急な対策がされますよう願っています。

【s660静音化計画実行】
さて、静音化に取り組んだs660ですが、その結果を報告します。

流して走る時は、リラックスして音楽を楽しみたいオバですが、s660はとにかくエンジンかけて走り出すと、色んな雑音が入ってきて、音楽聴くのも疲れていました。これほどうるさい車に乗った事が無いくらいです・・・音楽聞かない時は気にならないですが。
s660工場kai
(作業前のs660)

そこでもっと静かな車内にして、音楽を楽しみたいと、ホンダカーズのオーディオ好き整備士T君に相談して、防音対策をする事にしたのです。そして行きつけのホンダカーズT君にs660を預けて5日、作業が完成したと連絡がありました。作業の模様をT君に頼んで写真に撮っておいてもらいましたので、請求書とSDカードを一緒に持ってきてくれました。
s660運転席床kai
助手席内張り外し
(運転席と助手席のシート&内装等を外した後の状態)

エスロク内張り外しkai
(運転席後ろ)

シート外しkai
(取り外したシートや内装)

それを見ると、シートも内装材も全部外して作業してますね。T君は今まで何台もs660を作業していますので外すのも慣れたと言ってました。床には少しの吸音材があるだけ、運転席後ろ、エンジンルームとの境は、ほとんど吸音材がなく鉄板剥き出しなのがよくわかります。これじゃぁ、車内に色んな雑音が充満するのも無理ありません。この状態でデッドニング材を貼り、防音材を貼っていったそうです。
運転席デッドニング
(運転席にデッドニング材貼り付け)

運転席済
(完成した運転席)

カロさぶうーはー
(運転席後ろにサブウーハー取り付け)

ウーハー済
(運転席と助手席後ろに、カロのサブウーハー&パワーアンプ)

【サブウーハー取り付け】
さらに、低音強化のために、パイオニアのサブウーハーを運転席後ろのスペースに取り付けてもらいました。フロントスピーカーもカロなので、同じメーカーで揃えました。助手席後ろは、既にパイオニアパワーアンプが付いています。サブウーハーもアンプもスペースを測って、取付可能なTS-WH500Aを選びました。150Wのパワーアンプ内蔵です。シート下にはスペースがないので、これで後空いたスペースは、助手席足元くらいとなりました。
サブウーハー
(カロのサブウーハーTS-WH500A)

ウーハースイッチ
ウーハースイッチ2
(サブウーハーのスイッチ)

サブウーハーには周波数と音量を調整するスイッチが付いています。これはMTシフトの前に邪魔にならないように両面テープで貼り付けました。

【静音化&サブウーハー結果・・・】
車が戻ってきて、エンジンかけて走り出してみると、見た目はこれまでと変わりませんが、良かった点と悪かった点をあげてみますと・・・

☆良かった点(^o^)
1.ガタピシャする安っぽい車体の振動が少なくなって、乗り心地が良くなった。床下にデッドニング材を貼り付けて、鉄板同士のブレが少なくなったためだろうとT君が言っていました。
2.騒音もガチャガチャした音の角がとれた音質になって、音量も減って静かになっている。ただ元が相当うるさい車なので、嫁のNボックス(旧型)には劣ります。でも今までより随分音楽を楽しめるようになりました。s660に乗る楽しみが増えました。
3.振動が少なくなって、乗り心地も良くなって、静かになったのと相まって、ワンランク上級車になった感じです。

4.サブウーハー付けることによって、低音が締まった音になった。曲によっては、運転席背中にドンドンと振動が来ます。運転席後ろに置いたのは正解でした。重低音が締まったおかげか、全体の音もバランス良くなった。
5.かかった費用は、サブウーハー込みの材料費+工賃で8万円弱。費用対効果は高いと感じました。

★悪かった点(T_T)
1.難点は重量増。防音材が2キロくらい、サブウーハーが4.5キロで、合計6~7キロ増えました。軽快感が少し無くなったというか、ヤンチャさが薄まり落ち着いた感じがします。加速はそんなに変わらないし、ゆっくり走る事がほとんどなので、走りに関しては不満ないです。
2.以前より静かになったとは言え、やはりうるさい車です。雑音を上回るボリュームに上げれば良いのですが、外にその音が漏れますし、郊外では良いけど街中では気を使いながら音楽聞いてます。
3.それと以前記事にもしましたがs660専用ナビの使い勝手の悪さと値段の高さは相変わらずの難点。元々ナビが付けられるようになっていなかったのですが、ユーザーからの不満が相次ぎ、開発陣が嫌々ながら専用ナビを用意したのが良くわかります。

s660静音化1
(s660で音楽聴きながらワインディングを流すのは気持ちいい)

個人的な意見としては、多少重量増になっても、より静かで、社外品ナビが取り付けられて、音楽を楽しめるグレード・・・γとでも呼びましょうか・・・があっても良いと思います。
2019.11.01 Fri l s660 l コメント (2) トラックバック (0) l top
車でドライブを楽しむためには音楽も欠かせません。s660はハンドリングが楽しい車ですが、オーディオはひ弱で、サウンドもひ弱でした(そもそもが走りの車で音楽を聴くように考えられていない)。
エスロク山kai
(元々オーディオがひ弱なs660)

そこで行きつけのホンダカーズオーディオ担当T君と相談しながら、これまでフロントスピーカー交換&デッドニング、パワーアンプ追加、s660用純正ナビ交換等を行って、オーディオ強化を図ってきました。
エスロク預かりkai
(オーディオ弄りのためホンダカーズに入庫)

しかしs660は軽量化のためか、ほぼ鉄板剥き出しで防音対策がなされていません。走っていると色んな騒音が車内に充満してきます。オーディオ自体を強化しても、騒音対策をしないと片手落ちです。
エスロク内張り外し2kai
(運転席・助手席を外して内張りを外した所 防音対策はほとんどない)

今回は、床下と運転席後ろのエンジンルーム前の剥き出し鉄板に防音用シート等を貼り付け、静音を狙う事にしました。その時車内の内装を剥がすので、ついでに不足している低音を補うためのサブウーハーを、運転席後ろの隙間に取り付けてもらいます。

ここのホンダカーズのs660ユーザーでオーディオを弄っているのは私くらいなので、これまでT君とまさに手探りでやってきましたが、果たして効果があるのかどうかは、今回もやってみないと分かりません!^^;
2019.10.12 Sat l s660 l コメント (0) トラックバック (0) l top
消費税が10%になって、キャッシュレスによるポイント還元が話題になっていますが、私も家内の進めで、ペイペイ始めました。コンビニのカードよりポイント還元が高いらしいので、コンビニの支払いは全てペイペイです。

チャージが1回3万円まで、月に5万円までらしく、もしスマホを落としても多分大きな被害はないのが良いです。

【s660のオーディオ弄り相談】
s660のオーディオ関係弄りで、行きつけのホンダカーズオーディオ担当T君に相談に行ってきました。ここのホンダカーズのs660ユーザーでオーディオを弄っている人は私くらいなので、T君と手探りでやってます。
エスロク
(s660の音響を模索中)

これまで、フロントスピーカー交換&デッドニング、パワーアンプ追加、s660用純正ナビに交換等を行ってきましたが、今回は静音とサブウーハーについて検討中です。効果については、何しろT君も前例がないし、やってみないと分かりません。結果はまた報告します。

9月は増税前の駆け込み車検や点検で忙しいのと、私も実家の改修があるので、10月中旬以降でお願いすることにしました。
s660NWGNkai.jpg
(新型Nワゴンカスタム試乗車)

【Nワゴン試乗車~大きく変えたデザインは??】
この時新型Nワゴンカスタムが置いてあったので、試乗もしてきました。新型は旧型とデザインを大きく変えてきています。娘が初代のNワゴンカスタムターボに乗っていますが、Nボックスと違ってデザイン的には継承している所が一切ない。
新旧NWGN
(娘が乗っている旧型に較べてガラッと変わったデザイン)

このデザイン、う~ん、見慣れてきたら変わるかもしれないですけど、地味で面白みがなくて私は惹かれません。横から見ると旧型ワゴンRみたいで、むしろワゴンRの新型と言われた方がしっくりきます。
新型NWGNサイド
(旧型ワゴンRと似ているサイドビュー)

【車内は広く、利便性向上】
車内は、天井がNボックスほど広々してないけど、十分な頭上空間があり(Nボックスが無駄に頭上空間が広い)、前後もゆったり。リアシートはスライドして左右分割で倒せます。ラゲッジも2段式になっていて、旧型以上に利便性高く使いやすそう。
NWGN運転席
(ステアリング右下に移ったスタートボタン)

NWGNシート
(頭上空間はNboxに敵わないが、ゆったり座れるリアシート)

【電動パーキングブレーキ】
ステアリング右にあるエンジンスタートボタンを押して出発です。この位置は子供が誤って押す危険性もないし、ドライバーがトリップメーターを戻そうとして誤って押す危険性も無いので、ベストポジションだと思います。

パーキングブレーキは電動式になっていて、オートブレーキボタンを押しておけば、信号でストップした時もブレーキ踏む必要ないそうです。試乗車はNAエンジンで、ターボは9月中旬にやってくるはずだったけど、この電動パーキングに部品の不良が見つかり、現在Nワゴンの生産は遅れていて、10月末になると言われた。同じ電動パーキングを使うフィットの発売も1ヶ月遅れるそうだ。
NWGNシフト
(シフトノブ右横の赤く光っているのが電動パーキングブレーキ)

【ホンダセンシング】
ホンダセンシングは標準装備で、ACCが0キロからの追従となり、ストップもするようになった。実際に使ってみたが、止まり方もゆっくりスムーズで、安心して任せられそう。セットも簡単で、ライトもオートでハイとローを切り替えできるし、軽でありながら現在考えられる装備はほぼ揃っているんじゃないでしょうか。ビックリです。
NWGN.jpg
(ステアリング右にACCのボタンがあるが、使いやすい)

あえて言うならタントには付いていた自動駐車機能がないけど、これは軽には必要ないです。タントの自動駐車を試したけど、精度がイマイチで、自分で駐車したほうがよほど早くて楽。多分付いていても使わないでしょう。実は以前ホンダライフに自動駐車機能が付いていたらしいけど、評判が悪く、すぐに無くなったそうです。

ただベンツEやBMW5シリくらいの大きさになるとあった方がいい。さらに運転席から降りても、自動駐車してくれると便利なのだが、Eクラスは、以前にはあったその機能が今は無いらしい。何かトラブルがあったのかもしれない。

【高級車のような乗り心地】
走り出すと、その高いボディ剛性、静かな車内、なめらかな乗り心地にビックリ。今乗っているNボックス(旧型)とは明らかに違います。まるで高級車のようです。
新旧NWGNリア
(リアは旧型の面影がある?)

エンジンはNAだけど、平地では加速も十分速い。Nボックスより80キロ軽く、重心が低いため走行安定性もしっかりしている。これにターボが付いたら、高速もACCで楽ちんだと思います。1500ccまでの小型車は必要ないかも?

後は、アイドリングストップからの復帰時の音。スズキや日産などのようにマイルドハイブリッドにしなかったのは、ホンダ独自の方法でやりたいため、真似しないという意地か?

【地味な優等生】
トータルで見ると、非常に良く出来た車だと思います。実用車としたら欠点が無い。デザインは目立たなくて地味だけど、中身は優秀な優等生といった所でしょうか。ただ面白みはないかなぁ。もう少し色気か、何かサプライズが欲しい。
NWGNシート2
(高い実用性で使い勝手は良さそう)

10月末にホンダカーズにやってくるターボは、無限のエアロを装着すると言っていたので、期待しています。

【新型Nワンは走りの車になって欲しい】
そしてもし来年新型のNワンが出るなら、走りをメインにした車にして欲しいと思います。私の要望は・・・
1.全高を1550mm以下で立体駐車場OKにする。
2.トランミッションには6MTを追加。
3.エンジン音をチューニングしてスピーカーから流す
4.モデューロXはさらにローダウンして、サスペンションの他、コンピューターチューン、給排気チューンで、NAは64馬力に、ターボはカタログ値はそのままで実馬力アップ?(^_^;・・・実質的なNワン・タイプRです。
モデューロ002
(現行Nワン・モデューロX)

こういうワクワクする車が出たら、車好きの若者だけでなくおじさんも飛びつくはずです。その時は、NAのモデューロX6MTを選んで、VTECサウンドを楽しむと思います。
2019.10.05 Sat l l コメント (0) トラックバック (0) l top