【新型M5が展示してあったけど・・・】
広島輸入車ショー001
(広島輸入車ショー)

先の日曜日午前中に広島市内であるセミナーに参加。アルファード後継候補のゴルフヴァリアント等を見ておこうと、終了後そのまま広島アリーナで開催されている輸入車ショーに行ってきました。チケットはバルコムHで前売り券を買っていた。
M5セダン
新型M5リア
(新型M5 ロックされていて車内は入れない)

中学生以下無料もあってか若いお子さん連れが多かったが、私のようなおっサンもチラホラ。BMWでは新型M5が展示されていたが、ロックされていて車内に座ってみることは出来なかった。フェラーリやアストン等の超高級車はもちろん見るだけしか出来ないけど、BMWで見るだけって、どうなの?と思いました。

M2クーペ
(マイナーチェンジしたM2)

M5の隣はLCIモデルのM2。外観はライトがヘキサゴンタイプに変わったけど、車内はほとんど変わりなし。ただ今年はS55エンジンを搭載したM2 Competitionが発売されるそうなので、おそらくバルコムに展示車はやってこないだろうから、来年の輸入車ショーで実物を見れることを期待しています。
アストン&フェラーリ
(立ち入り禁止のアストンやフェラーリコーナーに入って話をしているのはオーナーか?)

ジャガーコーナーでは、日本で4月発売予定のSUVであるEペイスが展示されていた。ジャガーのデザインはドイツ車と違って、ちょっと大人っぽくて私は格好良いと思います。
ジャガー
(Fタイプクーペに新発売予定のEペイス)

【ロールスファントムの価格に目眩が・・・】
珍しい車では、鹿児島市のビンテージカー収集家、羽仁正次郎さんのコレクションから「キャデラック・ロードスター・キャドスター1959」が展示されていたが、米国の有名な自動車博物館にも展示されたカスタム車で日本では初公開らしい。これは車というより芸術ですね。
キャデラック
(日本初公開のキャデラック・ロードスター)

ロールスロイス
(諸経費込み7950万円のロールスロイス・ファントム)

そしてBMWコーナーの中にロールスロイス・ファントムが展示されていたが、車両価格6480万円、メーカーオプションが何と!1250万円!!・・・オプションだけでM4が買える金額ですけど(゚_゚i)タラー・・・諸経費込み価格は7950万円 orz・・・思わずクラクラと目眩がしました。アラブの大金持ちなら買うだろうけど、日本で買う人がいるんだろうか(・・?

BMW隣のブースのミニも新型はなく、試乗したことのある車ばかりで目新しさなし。またVWコーナーでは新型ポロが展示してあったが肝心のゴルフヴァリアントは無く、私的には盛り上がりが今一つだった中で、一番華やいで、ワクワク感があったのはその隣のポルシェコーナーかな。
新型ポロ
(新型ポロ)

【ポルシェブースは華やいでいた】
次から次へ子供達がポルシェの運転席に座っていたが、ケイマンの運転席が空いたので座っていると、助手席に二人連れのおば様が入ってきて、買うんね?と広島弁で私に話しかけてきた(^^ゞ
ケイマン
(4気筒2.5リッター・ターボのポルシェケイマン)

いやいや、とても買えませんよ。それにこの車は後ろにエンジンがあるので、荷物がほとんど積めませんよと説明したら、へぇ~!と感心していた。
多分ポルシェは分かるけど、詳しい装備や性能等はチンプンカンプンなんだろう。それでも皆さんやはりポルシェには興味あるんだと思います。
ボクスター
(ケイマンと同じエンジンのボクスター)

私も、もしM2から乗り換えるとしたらポルシェしかないかも。一度は乗っておきたい車です。ただケイマン・ボクスターのエンジンが6気筒NA水平対向から、4気筒ターボになったのが、時代の流れとは言え残念(TT)

【ポルシェ・ディーラーの敷居は限りなく高い】
それと10年以上前の話ですけど、実は私の知り合いで、当時乗っていたトヨタ・エスティマでポルシェを見に行ったら、セールスにどうせ買う気ないだろうみたいな態度をされて、頭にきてすぐに銀行呼んで、お金借りて、ポルシェ911ターボに200万円のカーボンブレーキ付けて、キャッシュで、奥さんには事後報告で買った奴がいました(=o=;)

そういう話を聞いていたから、どうも広島のポルシェディーラーにはあまり良いイメージが無いんだよね。馬鹿にされながらこっちが下手に出るのも嫌だし、新しいエンジンのケイマン・ボクスターに試乗してみたい気はあるけど、未だに一回も行った事がない。

まあもし行くのなら、冷やかしではなくM2乗り換えを決断した上で、一人ではポルシェの門をくぐれないんで、知り合いのポルシェ乗りと一緒に行くでしょう┐(´д`)┌ヤレヤレ

最後に波乱万丈に出演して子供の頃のやんちゃ振りを披露した佐々木希と、彼女によく似合いそうなキャデラックです。このリアスタイル見て、昔のアニメ「スーパージェッター」の流星号を思い出しました・・・超古いです(;^ω^)
希波乱万丈kai
スポンサーサイト
2018.02.11 Sun l l コメント (2) トラックバック (0) l top
寒いですね~。朝・夜の気温はマイナス5度前後で、夜のウォーキングもかえって身体に悪い?んじゃと思い、控えています。また、いつも休みの日は実家で車の洗車をしてきたんですが、最近は外の水道が凍っていて水が出ずに、汚れているのに洗車出来ません(TдT)

【ETCのアンテナ故障?】
14年目を迎え、走行距離も10万キロを越えたアルファードですが、先日、突然ETCが「アンテナの故障で受信出来ない」とアナウンス。別のETCカードに変えても同じ反応。
アルメーター
(10万キロ越えたアルファード)

古くなるとETCも故障するんだなと、ディーラーに連絡して見てもらったところ、どうもETC本体のコード接触不良だったようで、しっかり差し込むと直った(^o^;
アルファードETC
(故障したアルファードETC カードは抜いてある)

しかし次の車検が来ると16年目を迎えることになり、こういうトラブルがあるということは、そろそろ買い替え時かと次期候補車を模索中です。実はこういう悩みは車好きにとって至福の時かも(?_?)

【アルファード後継車の条件】
ただアルファード後継には条件があって、まず全幅は今乗っているアルファードの1800mmが車庫ギリギリなので、全幅1800mm以下の車であること。そして仕事で人や物を運ぶので、リアシートがユッタリ座れて、いざとなれば荷物がしっかり積めること。
アル雪
(気温マイナスの寒さが続いていますが、広島県南部の積雪は僅か)

さらにたまに高速で長距離も走るので、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)付き。しかもできるだけACCや自動ブレーキの精度が高い事等が条件です。

トヨタ車は、まずアル・ヴェルは幅が1850mmでアウト。車庫には入っても出ることが出来ない。ノア・ヴォクやシエンタ、カローラフィルダー等のコンパクトな候補車も考えたんですが、いずれもセーフティーセンスCというショボイセンシングで、ACCもなし。トヨタ車脱落です。

ホンダ車は、意外に1800mm以下の品揃えが良く、フリード、ステップワゴンはACC付いているし、候補に上がりそうでしたが、今付き合いのあるモータースさんとの関係で、ホンダ車も断念。

そこで今候補に上がっているのが
1.レヴォーグ1.6STI
2.インプレッサスポーツ2.0GTS
3.ゴルフヴァリアント1.4TSIハイライン
4.セレナニスモ

センシングで最も優れているのはレヴォーグ。ただし古いプラットフォーム故STIでないと乗り心地が悪い。インプレッサスポーツは新しいプラートフォームで乗り心地は良く、価格も安いので、意外な伏兵。しかしいずれもCVTのレスポンスは違和感あり。

ゴルヴァリは、高いボディ剛性と乗り心地の良さ、デュアルクラッチのシャープなトランスミッションのバランスが良いが、センシングはまだ中途半端。

セレナは、乗り心地、エンジンパワーともイマイチだが、中の広さと使い勝手がすこぶる良い。乗ったことはないけど、ニスモであれば乗り心地も良くなっていて満足度高そう。しかしシングルカメラによるセンシング機能がアイサイトには見劣りする。

それぞれ一長一短で決定打はありません。
今年はベンツBクラスFMCやBMW2シリーズMCも控えており、まあ来年のアルファード車検までじっくり考えます。
2018.02.07 Wed l l コメント (2) トラックバック (0) l top
【福袋目指して今年初バルコム】
皆様 明けましておめでとうございます。低空飛行の当ブログですが、今年も気が向いた時に細々と続けたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。
バルコム福山ショールームkai
(今年初バルコムF)

さて年明けの連休、カーディーラーでも福袋が販売されています。私が世話になっているバルコムFでもFBにその案内が出ていたので、電話で福袋が残っているかどうか確認してみました。5千円4つ、1万円と1万5千円が1つずつ残っているとのことでしたので、5千円を1つ取り置きしてもらうことにした。
福袋kai
(発売3日目だが、まだいくつか福袋が残っていた)

福袋だけでなく、担当セールスに、M2リコールによるエアバッグ修理の際に1つお願いすることがあったのと、今年春に発表されると海外のネットで噂されているBMW M2 Competitionの情報がBMW JAPANから来ているかどうかの確認、発売間近のX2情報、そして新年の挨拶を兼ねてバルコムに行ってきました。

【ドリンクメニューは少ないまま変わりなし orz】
ショールームに到着すると、いつも元気なAさんが出迎えてくれた。そしてテーブルに着くと、いつも通り飲み物を聞いてきたので、「今年はメニューが増えたんかね?(以前記事にしたようにバルコムは飲み物の種類が非常に少ない)」と尋ねると「去年と一緒ですよ!」と元気に返してくれた^^;
ドリンクメニューkai
(種類が少ないバルコムFのドリンクメニュー)

しかも去年は付いていたオリジナルバームクーヘンが今年は無いみたいで飲み物だけだった・・・さすが倹約家の・・・いやどケチなバルコム(~O~;)

【ロールスロイス・レイスの展示車】
ショールームの奥には、正月らしく華やかな「ロールスロイス・レイス」が展示されていた。普通こういう超高級車はショーファードリブンとして、運転手付きで後部座席にふんぞり返って乗るもんでしょうけど、これは2ドアクーペです。
ロールスロイス3kai
ロールスロイスkai
(幻を見ているのかと目を疑ったロールスロイス・レイス)

自分で運転する人が買うんだろうけど、幅1.95m、長さ5.3mの車は日本の駐車場では困るだろうな。これで買い物って訳にはいかないし、まさに走る無駄の塊とも言える車だな(=o=;)

そして車両本体3490万円、オプション込み価格3900万円という浮世離れした価格!に、これは現実なのか、はたまたもしかして幻を見ているのかと我が目を疑ってしまいました(゚_゚i)タラー

【M2 CompetitionもX2も情報なし】
海外の噂では、BMW M2 Competitionは、M3&M4のS55エンジンを移植(パワーは405馬力にデチューン)し、パワーだけでなくエンジンレスポンスも現行M2のN55エンジンを上回ると予測されている。さらにボディ色には新たにシルバー・ホッケンハイムとサンセット・オレンジが加わる。そしてこのM2 Competitionのワールドプレミアは今年4月、生産開始が6月らしく、デリバリーは国によって違うだろうけど、日本は今年年末か来年初めくらいではないだろうか?

という上記の情報を含め、BMW JAPANからは、現時点で何も情報は無いそうだ。また既にBMW USAでは、写真付きでオプション選びも価格も表示されているX2についても全く情報なしとのこと┐(´д`)┌ヤレヤレ

【福袋の中身は】
5千円の福袋の中身は、バルコムだからあまり期待はしていなかったけど、それぞれBMWのマークが付いたグラス、LEDランタン、タオル、A4サイズのノートパソコンケース、手袋だった。多分5千円の価値はあるんだろう・・・かな?
福袋中身kai
(福袋の中身)

【最後に】
今年初めの佐々木希です。彼女だったらRRレイスの助手席が似合うと思います。
RR&希kai

2018.01.09 Tue l BMW l コメント (10) トラックバック (0) l top
本日は大晦日、只今TVで紅白をやってます。安室奈美恵と桑田佳祐の歌が終わり、2017年も残す所あと30分。本当に今年最後の最後のブログになりました。今年後半は忙しさもあり、最近は新車が出てもカーディーラーに行く機会自体がめっきり減って、ブログも完全に息切れになってします(TдT)

来年はもうちょっと落ち着いて、車も見に行けるようになると良いなと思っていますが、そんな中今年最後の記事は、s660のオーディオです。

【実用性は限りなくゼロに近いs660】
昨年購入したs660は軽自動車ですが、軽自動車と言えば、燃費が良くて車内も驚くくらい広いというイメージで、経済性と実用性が最も重視されている車でしょう。
s6デッドニング01
しかしs660は違います。価格は軽自動車の中で最も高く、実用性に関しては限りなくゼロに近いくらい物が積めない上に、純正のナビが無く、私はスマホで代用していますが、すこぶる不便な車です。

しかしハンドリングは非常に軽快にでよく曲がり、走りは楽しい車です。軽自動車というよりも雨風が凌げて物が多少積めるバイクと考えた方がこの車の評価を正当に出来る気がしています^^;

【最大の不満はエンジンサウンド】
物が積めなくても実用性に関してはバイクより高いので、さほど不満は無いs660ですが、如何せん私が気に食わないのが、660ccの3気筒エンジンのサウンド。
s6デッドニング02
Nシリーズのエンジンを使って、多少サウンドチューニングをしてあるとはカタログに書いてありますが、所詮3気筒エンジン。とにかくショボい音で、サウンドフェチの私には最大の不満です。

世話になっているホンダカーズで、無限マフラーや柿本改マフラーのs660を運転させてもらいましたが、心地良いメカニカルなサウンドには程遠い音です。

s660の前に乗っていたFD2のシビックタイプRや、現在乗っているのがBMWストレート6を積むM2が、そのエンジンサウンドで痺れさせてくれていただけに、何とかならないかと思っていました。

【オーディオチューニング】
そこで元々オーディオ好きな私が思いついたのが、エンジン音自体は元が3気筒だけにどうしようもないので、逆の発想で3気筒サウンドを意識させないよう、オーディオを充実させる作戦です。
s6デッドニング05
(作業中のs660)

s6デッドニング03
(ドア内張りを全て剥がす)

s6デッドニング04
(デッドニング材を貼り付け)

s6デッドニング06
s6でデッドニング07
(助手席裏にアンプ取り付け)

具体的にはホンダカーズのオーディオ担当整備士と相談して、ノーマルオーディオのスピーカーをカロッツエリアの2ウェイに交換し、ツイーターを追加。ドアスピーカーには振動を抑えるためのデッドニングを施工し、さらに25W×4の純正アンプに200W×4のカロッツエリア・パワーアンプを追加。そして細くショボいスピーカーコードをホームオーディオ用の太いコードに交換し、追加アンプのパワーで低音が振動するのを防ぐべく防振処置を追加しました。

【エンジン音をかき消すオーディオ】
その音は・・・まず音量がノーマルとはかけ離れたボリュームです。s660はエンジンが運転席すぐ後ろにあって、それにオーディオの音がかき消されていたのですが、逆にエンジンサウンドをかき消すオーディオサウンドになりました。
s6でデッドニング09
(外観はツイーターが増えただけ?)

しかもノーマルではボリュームレベルを20のうち16くらいまで上げないとしっかりしたサウンドが聞けなかったんですが、今度はその半分のレベル8で、ノーマルよりしっかりした音が出ています。音の余裕が全く違います。

【不満は中音】
そして低音は、パワーがあり過ぎてフロントドアパネルはやはり少し振動するのですが、崩れずにしっかり出ていて心地良いです。高音は出来るだけ2ウェイスピーカーメインで鳴らした方がバランスが良いので、ツイーターのレベルは最小限にしています。CDの録音レベルによって高音が弱い時はツイーターのレベルを上げます。

やや不満なのは中音の豊かさが今ひとつなこと。これに関しては、BMW M2のハーマン・カードン(12スピーカーでデッドニング済み)の方が芳醇なサウンドです。スピーカーのエイジングにまだ時間がかかるでしょうから、もう少しすると音がまろやかになって、まとまり感出て来ると思います。
s6でデッドニング08
(今かかっているのは昭和の歌、太田裕美の「9月の雨」)

オーディオをチューニングして、s660に乗る楽しみが一つ増えました。車で聞いているのは、ほとんどが昭和の和洋楽ですが、好きな音楽に包み込まれながらノンビリとドライブするのも気持ち良いもんです。しかしアンプを強化して音量がどうしても大きくなってしまったため、交差点で停止した時は、音量を下げています(~O~;)

世話になっているホンダカーズでもs660は何台も納車していますが、走り優先の弄りをしている方がほとんどで、私のようにオーディオに凝っているユーザーは初めてと言われました。でも私のような老いぼれは、走りを追求しても身体がついていかないですから、走りはそこそこでサウンド重視で良いかなと思っています。それでは皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。

2017.12.31 Sun l s660 l コメント (4) トラックバック (0) l top
この秋から年末にかけての時期は、仕事以外のイベントも次々あって、忙しさにかまけてブログもつい手薄になってきています。1ヶ月以上放置で、またブログに広告が出てしまった(;_;)

【M2のリコール】
そんな中、先日BMWジャパンからM2のリコール葉書が来ました。例のタカタ製エアバッグ不良に関するものです。以前アメリカで、タカタ製エアバッグ不良による死亡事故があって大問題になっていたけど、私のM2は2016年2月生産で日本に輸入された車だから、それ以降もタカタ製エアバッグは使われているんですね。
リコール葉書
(リコール葉書)

対象は今年6月までに生産されたM2で、BMWジャパンのHPによるとその台数は880台。つまり昨年3月に発売されて1年半の間に販売された前期型M2の正式な台数が、ひょんなところから判明しました。先の記事で私が推測した884台が近かったことが、このリコールを機に証明された(^O^)
リコール葉書2
(運転席エアバッグの不具合)

葉書には、運転席エアバッグのインフレーター即ち膨張装置の不良で、高い湿度の環境下で大きな温度変化を繰り返すと、ガス発生剤が湿って劣化し、エアバッグ展開時にインフレーターが破損する恐れがあるとのことです。

処置はインフレーター交換だが、部品供給が安定するのは来年3月になるらしい。まあ直ちに問題になることは無いらしいから、それまで待つしかないか。

【BMWのバカナビ】
さてアルファロメオから久々にFR車「Giulia」が出ました。FR好きな私としては非常に気になる車で、先日アルファロメオ広島へ試乗に行ってきました。

アルファロメオ広島には今まで行ったことが無かったので、BMW M2のナビで目的地設定していざ出発しましたが・・・BMWのナビは頭が悪く、広島市内に入ると、どう見ても遠回りで時間のかかる一般道を指示してきます。
BMWナビkai
(BMWナビはモニターとインパネで誘導してくれるが)

用事を済ませてから行ったので、時間は夕方になってきています。ナビの指示を無視して最短時間で行けるよう広島高速を使う道で行きました。途中何度も一般道に降りろと指示してくるのを無視しながら、一番近くのインターまで行って降りました。

いよいよアルファロメオ広島が近づいてきて、ナビに教えてもらいながら走っていたのですが、3車線のうち左2車線が左折の所があって、ナビは直進を示したものの右車線に寄れず、やむを得ず左折(もう少し早い段階で指示してくれたら右車線に寄れたんだけど)。

でもすぐにナビが修正して新たなルートを示してくれるだろうと思っていたら・・・この左折でBMWのナビは混乱してしまった。何故か近所をクルクル回るルートになってしまってお手上げ状態。またやってくれたなこのバカナビが!(TдT)

私もここはどこ?状態なため、アルファロメオに電話して、ルートを教えてもらいながらなんとか無事到着できましたけど、BMW純正ナビの性能も音楽再生機能も明らかに国産より低いです。BMWに言わせれば「グローバルスタンダード」とのことだけど、低い方のスタンダードに合わせてどないすんねん!と思います。

ちなみにBMWのバカナビと言うのは、BBC放送の人気番組「Top Gear」のMCをしていた、ジェレミー・クラークソンが最初に言いだしたもので、私もよく使っています(^o^;

【ジュリア・クァドリフォリオ試乗~強烈な動力性能】
2リッターターボのジュリア・スーパーも置いてあったけど、時間も遅かったので試乗は2.9リッターV6で510馬力のジュリア・クァドリフォリオだけにしました。
クアドリフォリオkai
(ひと目でアルファロメオとわかるお洒落なデザインだが、ナンバープレートが・・・)

デザインはさすがアルファらしくお洒落です。タイヤはもちろんピレリーで19インチ。マフラーはクアッドエグゾーストですがM2より迫力あります。でもフロントのナンバープレートは縦が長すぎて違和感があるのが残念。
ジュリアkai
(マフラーは4本出しでM2より迫力あります)

広島市内は車も多く、この辺りは道も知らないので、最初はセールスさんが運転してくれ、広い場所になった所で交代。ところがこのセールスさん、空いている場所では結構全開で行ってくれて、やっぱ0-100km/hを3.9秒で走り抜ける510馬力のパワーは凄かったです。8ATのシフトアップダウンもシャープでした。

カタログ見ると、排気量が3リッターのM2より少ない2.9リッターであるにも関わらず、パワーはM2の370馬力やM3&M4の431馬力を大きく凌ぎ、加速の基準となる0-100km/hもM2の4.3秒、M4の4.1秒を上回る3.9秒・・・無茶速いやん(@_@;)

そしてサスは可変ダンパーとなっていて、乗り心地もM2より快適です。長距離は楽でしょう。ボディ剛性もM2と変わらず、国産車よりワンランク上の剛性感でした。凄くよく出来た車だと思いました。

私はアクセル全開とまではいきませんでしたが、Dモード(スポーツモード)でマニュアル操作でアクセル踏み込んでエンジンサウンドを確かめてみました。

加速時にクアッドエキゾーストから吐き出されるサウンドも、シフトダウンの時のブリッピングサウンドも勇ましいサウンドではあったけど、M2のストレート6ほどのシャープさがなく、ああV6だなというサウンドでした。個人的にはM2のN55ストレート6サウンドの方が好みです。
クアドリフォリオ2kai
(標準でフル装備。オプションはカラーのみ)

装備はほとんど標準装備で、ACC、自動ブレーキにオーディオもハーマンカードンが標準。選ぶのは車のカラーだけだそうで、1132万円もする車ですが、諸経費込みでも1200万円くらいだろうとのこと。

諸経費込み価格で考えると、ライバルであるM3(3リッター直6ターボ431馬力 1185万円)やC63AMG(4リッターV8ターボ476馬力 1224万円)よりかなり安いことは間違いないだろう・・・安いと言っても車に1200万円ってのは高いけど^^;・・・車の性能と戦略的価格のバランスが良く、彼らの強力なライバルになりそうだ。

最後に、s660を笑顔で見つめるのはいつもの佐々木希ではなく、最近TVでよく見る元新体操日本代表の畠山愛理さんです。こんな美しいアスリートがいるのか!とびっくりです。
畠山愛理kai
2017.12.06 Wed l l コメント (6) トラックバック (0) l top