FC2ブログ
【s660の車検費用は】
今月はs660の1回目の車検でしたが特に問題はなく、かかった費用は点検費用40,583円、重量税・自賠責・印紙代32,770円で、合計73,353円でした。実際には3年分の点検費用を前納する定期点検パックに入っていたので、32,770円の支払いで済みました。

ただこの数日後、担当が車検証と一緒に2年間の定期点検パックどうしますか?と持ってきた。今後の6ヶ月点検、12ヶ月点検、車検の整備や諸費用込で69,900円。追加で振り込みました。

s660は3年で走行距離は1万6千キロ強(車検時16,279キロ)。トラブルらしいものも無く快調に走っています。3気筒のエンジン音がショボいのは残念ですが、個性的なデザインのハンドリングマシンとして楽しい車です。
エスロクナビ画面3
(トラブル無く快調なs660)

【専用ナビのもう一つの問題~オーディオ画面】
さて昨年s660専用ナビを取り付けて、まず高音がキンキンする問題が発生しましたが、それはスピーカを交換して、後付アンプを調整して解決しました。しかしナビ取り付け当初から起こっていたもう一つの問題があります。
エス六ナビ2
(止まっている時はフォルダタイトルや曲タイトルは表示されて、その選択も出来る)

それは、オーディオ画面をフォルダタイトルや曲タイトルの画面にしている時、車が止まっていればしっかり表示されて操作も出来ますが、ちょっと車が動き出すと、とたんに画面が暗くなって操作も出来なくなることです。

私もこれまで何台も車に乗ってきて、ナビも使ってきましたが、TVが見れないのはあったけど、音楽の選曲画面が真っ暗になって選曲出来なくなるのは初めてです。もちろんナビ取り付ける前のセンターディスプレイではこういう事はありませんでした。
エス六ナビ画面3
(ちょっと走り出すと画面真っ黒で何も操作出来ない)

そこで車検時にこれを解決して欲しいとオーディオ担当のT君に頼んでおきました・・・その結果は・・・配線を色々やったものの、ナビのGPSで管理しているらしく、解除出来ないとのことだった。TVチューナーと違ってオーディオはナビの内部に含まれており、GPSをカットするしかないそうだ(TOT)
エスロクナビ
(オーディオプレーヤーとしては音質や使い勝手が良くないs660専用ナビ)

T君の話では、事故の原因に運転中のナビ操作というものが1つあって、運転中はナビオーディオの選曲操作をさせないような風潮になってきているのかもしれないとのことだった。残念。もしナビ機能がスマホ代用で不便ないなら、オーディオ的には専用ナビよりセンターディスプレイの方が音質も使い勝手も良いかもしれない┐(´д`)┌

最後に池江璃花子白血病という衝撃的なニュースが飛び込んできて大変驚いています。しかし白血病はきちんと治療すれば治る確率の高い病気らしく、私の知人の友人が若くして白血病にかかったけど、抗ガン剤治療で完治(寛解?)したと言っていました。今は普通に仕事しているそうです。元気に回復されることをお祈りしています。
スポンサーサイト
2019.02.17 Sun l s660 l コメント (0) トラックバック (0) l top
BMW M2吉名01kai
M2購入して2年半、リモコンキーのバッテリー切れというメッセージが出るようになりました。スペアキーに替えてやってみたけど、こちらは完全放電済み(TOT)
家内が平素乗っているNboxのキーが、2年ちょいで電池切れになったので、最近の車のキーはこんなもんだろうと思います。
リモコンキー警告kai
(リモコンキーバッテリー交換の警告)

今までは点検の時期と重なっていたのか、BMWのキー電池交換したことはないです。電池交換だけで1時間かけて高速使ってディーラーまで行く元気はないし、自分で交換するしかありません。BMW&国産車含めてリモコンキーの電池交換したことがない、メカ音痴の私が意を決して挑戦してみました^^;
リモコンキー電池01kai
(まずはリモコンキーの中のキーを取る)

まず裏のボタンを押してキーを抜きます。これはセールスに教えてもらっていたのでできましたが、蓋の外し方がわからない。とりあえず穴に差し込んで外そうとしたけど動かない。無理やりやって壊したら元も子もないので、取説見ながらやってみることにしました・・・王道ですね。
リモコンキー電池交換kai
(裏の突起にハサミ差し込んで蓋を外す)

裏の蓋を外すには、キーが入っていた穴の横の小さなポッチにドライバー等をねじ込むといいらしく、ハサミの先を差し込んでみると蓋がパカっと開きました。電池はパナソニックCR2450 3Vでしたので、同じものに交換しました。

ちなみにNboxの電池は、私が当てにならないので家内が自分で取説見ながら交換しています。ホンダの電池よりBMWの方が大きいと言っていました。
リモコンキー06kai
(電池はパナソニックCR2450 3V)

最後に昨年のNHKよりの佐々木希が見つめるM2です。
希M2kai

2019.01.23 Wed l BMW l コメント (2) トラックバック (0) l top
丸の人的補償に長野が指名されるという衝撃のカープ年明けでしたが、これでセ・リーグが面白くなりそうです。マツダスタジアムでの開幕戦は何と広島-巨人3連戦!大変楽しみですが、チケットが中々取れそうにない・・・TVで応援します^^;

【s660専用ナビに交換して高音が崩れた】
さて以前記事にしたように、S660に待望の純正ナビが発売されさっそく装着しましたが、どうも高音がキンキンして聞き辛くなってしまった。ナビ装着前の私のS660は、ヘッドユニットは純正センターディスプレイ、フロントスピーカーはカロの17センチ2ウェイをドアに(+デッドニング)、ツイーターをAピラー横に設置の4スピーカで、800W(200W×4)のアンプを追加していました。
s660蚊無003kai
ホンダカーズのオーディオ担当整備士T君に相談しながら構築したシステムで、結構満足していましたが、ヘッドユニットを純正ナビに換えただけで音のバランス、特に高音が崩れてしまった(T_T)
s660ナビ
(S660専用ナビ装着したものの音のバランスが・・・)

アンプの調整をしたり、ナビの音質設定で高音をゼロにしたりしましたが、中々上手くいきません。T君も色々頭を悩ませた結果、どうもハイパワーアンプにしたため、フロントドアの2ウェイスピーカーの高音が出すぎているらしいという結論になりました。アンプでの調整は、2ウェイSPとツイーターの出力はそれぞれコントロールできるものの、2ウェイSPの高音部分だけの調整は出来ません。
ウーハー&ツイーターkai
(ドアスピーカーにT君のお古を拝借)

【ドアスピーカーを交換】
そこで、フロント2ウェイスピーカーを、同じカロで元々独立したツイーターとウーハーの組み合わせだったウーハースピーカーに替えることにしました。そのスピーカーはT君のお古がちょうどあったので、それを拝借^^;
ツイーターkai
(ツイーターの方向をフロントウィンドウ上部に向けた)

フロントAピラー横に付けるツイーターの中身は、そのウーハーと組み合わさっていたツイーターと同じなので、今までのをそのまま使用。さらにツイーターの方向をドライバー向きからフロントウィンドウ上部に向くよう変更した。アンプの出力は、ツイーターを40%、ウーハーを60%にして、出来上がった音を聞いてビックリ!
s660スピーカー003
(以前は高音を0にしていたが、真ん中に持ってこれた)

s660スピーカー004
(ドアスピーカーとツイーターのバランスも真ん中)

【バランスのとれたナチュラルなサウンド】
以前は高音のレベルを0に絞っていても、キンキンしていたが、真ん中に持ってくることが出来ました。低音は私の好みで高め。ツイーターとウーハーのバランスも真ん中(以前はツイーターをかなり絞っていて、ほとんどドアスピーカーのみが鳴っていた)。FRがドアスピーカー、RRがツイーターです。

これで高音から低音までバランスの取れたナチュラルなサウンドになり、ボリューム上げても音が崩れない。しかもウーハーがお古だったので、既にエイジング完了済。音の厚みという点ではM2のハーマンカードン(10スピーカー)には敵わないけど、フロントドアのウーハー+Aピラー横のツイーターというシンプルな組み合わせは、S660専用ナビにピッタリではないかと思います。
2019.01.16 Wed l s660 l コメント (2) トラックバック (0) l top
あっという間に1年が過ぎました。今年の漢字に「災」が選ばれたように、災害の多い年でしたが、広島でも7月の西日本豪雨災害で大きな被害が出ました。これほどの被害を私自身経験したことがないですし、2018年は忘れられない年になりました。来年は平穏な1年であって欲しいです。

さて広島県南部でも先日この冬の初雪が降りましたが、いよいよスタッドレスタイヤの出番ですね。現在15年目を迎えているアルファードは、これまで使ってきたスタッドレスタイヤが丸4シーズン過ぎており、溝はまだあるけどゴム自体がダメになってきました。
ice guard 6
(新しく選んだスタッドレはアイスガード6)

そこで新しいスタッドレスタイヤに交換することにして、世話になっているモータースさんと相談。選んだタイヤは、ヨコハマタイヤから最近発売された ice GARD 6ミニバン用です。サイズは205/65R16。価格はタイヤが9万円弱で、取り付け費、廃タイヤ、税込み10万円弱。

モータースでスタッドレスタイヤのカタログ見ながら担当セールスと話している時、ふと私の目に止まったのがアルミホイール。今まで使ってきたアルファードのスタッドレス用のアルミは、キャップか?というくらい格好悪いもので、実は気になっていました。
アイスガードig603kai
(アルミも換えた)

この際だからアルミも換えたいなと思いながらも、タイヤが4本10万という事は、アルミも同じくらいするだろうから、両方で20万か・・・やめとこうかと考えながら、担当セールスに「このアルミ、なんぼするん?」と聞いてみました。

さっそくヨコハマタイヤの担当者に電話してくれて、出てきた回答が「1本1万円」・・・初めは冗談かと思いました^^;
アル新旧スタッドレスアルミkai
(上が昨シーズンまでのスタッドレスとアルミ、下が今シーズン)

16インチという一般的なサイズであるのと、ブランド品じゃないというのもあるかもしれないけど、4本4万円でいける・・・じゃぁ、アルミもセットで頼むと、即答しました。結局タイヤ+アルミ+諸経費で14万円弱。ただNBoxは14インチアルミ+スタッドレスタイヤで4万円だったので、やはり軽は維持費が安いです。
エヌボックス
(Nboxのスタッドレス+アルミ)

乗り心地は現在履いているヨコハマのサマータイヤより、少しゴツゴツする感じはあるけど、今までのスタッドレスの頼りなさが無くなって、安定感があります。シューン?という雑音も明らかに小さくなっている。これでいざ雪が積もっても大丈夫だし、なんと言っても長年の懸念であった不恰好なアルミが格好良くなった。冬シーズンを楽しく過ごせそうです。

最後に、先日バルコムHに展示してあったM5です。売り物だそうで、ユーザーが決まるまでの展示らしいです。エンジンは4.4リッターV8で、600馬力、76.5kgmという、とても素人には扱えないようなパワー(☆☆)!! さらに価格が車両本体1700万円で、諸経費込だと1800~1900万円くらい?・・・とても庶民には手が出ない車になってしまった。まあ私はM2に十分満足していますので全くの他人事ですけど( ̄Д ̄;;

それでは皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。
balcom M5展示
balcom M5展示2





2018.12.31 Mon l l コメント (2) トラックバック (0) l top
フィギュアスケートGPシリーズNHK杯が広島アリーナで開催されました。優勝は、FSでトリプルアクセル2本を成功させ、6種類のトリプルジャンプをプラスGEOでクリアーした完璧な演技でSP5位から逆転した紀平梨花。何度見ても惚れ惚れする素晴らしい演技でした。
紀平梨花優勝
(FSでトリプルアクセルを2本決めてNHK杯優勝した紀平梨花)

この大会の注目はもちろん紀平だったけど、私がもう一人注目した選手がトゥクタミシェワ。彼女は現在21才(もうすぐ22才)で日本なら大学4年生の学年。10代の選手が多いロシアの中ではベテラン?

2011~2012年シーズンにシニアデビューし、2014~2015年シーズンで、GPシリーズ、欧州選手権、世界選手権の3冠を制覇した元女王だが、それ以降は下り坂で平昌オリンピックにも出場できなかった。

普通はそこで引退の道を進むのだろうが、彼女は3アクセルを引っさげて、見事に復活した。NHK杯でもSPとFSで3アクセルを跳んだものの僅差の3位だったが、ファイナルへの出場を決めています。

女子フィギュアスケートのトップスケーターは、紀平、ザギトワ、メドベージェワ等、10代の選手が多い中、21才のトゥクタミシェワの強みは、何と言ってもそのセクシーさ!苦労を乗り越えて、さらに磨きがかかった!!
トゥクタミシェワ001
トゥクタミシェワ003
トゥクタミシェワ002
(NHK杯エキシビション優勝?のトゥクタミシェワ)

それが見事に炸裂しているのが、セクシーなCAに扮した今年のエキシビション。NHK杯でも見事な艶技を魅せてくれましたが、エキシビションの優勝は文句なしにトゥクタミシェワだった。ワザとらしくない、ナチュラルなセクシーさは10代の選手には出そうとしても出せないだろう^^;

NHKとしたら、セクシー過ぎて放送できるかどうか、冷や冷やだったんではないでしょうか。LIVEだったからカットできなかったんだろうけど、逆に言えば、よくぞ放送してくれたNHKとも言える(‘◇’)ゞ

【M2コンペ展示車】
さてM2コンペティションが発売されましたが、広島には展示車も試乗車もなく、実物は未だに見れないままだった(TOT)

しかし先日ネットで検索していた所、広島市内の南、宇品港の近くにあるバルコム宇品にM2コンペティションの展示車があることが判明。さっそく☎してみると、単なる展示ではなく販売車で、購入希望のお客さんがいたら、その時点で展示しなくなるとの事。いつまで展示してあるか分からないらしい。
M2C 展示車01
M2Cエンブレム
(M2コンペの広島初展示車)

これは急がねばと、11月初めの連休にちょうど広島市内に用事があったので、その時に寄ってみました。BMWのナビで目的地設定して行きましたが、当てにならないBMWナビだけど、さすがにBMWディーラーは間違えなかった^^;

日曜日午後だったからか駐車場は一杯で、店内は家族連れ等もいて結構な人だった。電話で事情を話していたので、受付の人に声掛けて、M2コンペティションを見させてもらった。

【外観は大きな違いなし】
色は最も気になる新色のホッケンハイムシルバーではなかったけど、このロングビーチブルーはM2では世界的にNo.1の人気色だけあって、なかなかいい色です。
キドニーグリル
(キドニーグリルが繋がった)

外観でまず目につくのは左右が繋がったうえにオールブラックになったキドニーグリル。しかし実物見ると、何かプラスチックっぽい感じがして、私のM2フロントグリルの方が品があると思います。そして次に目が行くのはMミラー。やはり格好良いし羨ましい。これってM2に付かないんですかね?
Mミラー4
Mミラー3
(格好良いMミラー)

M2Cキャリパー
(ホイールデザインとキャリパーの色変更)

ホイールは19インチのままだがデザインが変わって、キャリパーが青からシルバーになっている。M2コンペ納車された人の話だと、直ぐに汚れる上に掃除しにくいそうだ。他には冷却効率向上のためにキドニーグリルと伴にフロントバンパーもちょっとデザイン変わっているのと、リアもディフューザーも少し変わったかな?しかし全体的外観はM2と殆ど変わらず、もし今私が乗っているM2と同じアルピンホワイトのM2コンペ購入しても誰も気が付かないだろう。
リア
(リアは大きな違いなし)

シート
(スポーツシートは座り心地良かった)

リアシート
(リアシートはM2と同じ)

室内で大きな違いはフロントシート。試乗記で評判の良いスポーツシートに座ってみると、程よい硬さとホールド感でしっくりくる。運転してみないと分からないけど、M2のシートより良い感じ。
M2C運転席1
(内装も殆ど変わらず)

mボタン
(ステアリングにM1、M2のMボタンが付いた)

しかしリアシートはM2と全く同じものだった。他の内装はMボタンが付いた意外はほとんど同じみたい。やはり大きな違いはエンジンや足回りなんでしょうね。これは試乗してみないと分からないです。となると西日本で唯一(但し富山を東日本とした場合)試乗車置いているBMW徳島行くしかないか(・・?

追記ですが、M2が出たときから評判のよくなかったリアフェンダーのホイールアーチモール、LCIモデルでは付いたままだったけど、法改正もあったし、今度こそ取っ払ってくれているだろうと確信していたら・・・付いたままだった(T_T)
M2Cホイールアーチモール2
(左のブルーがM2 Competition、右のホワイトが私のM2)
2018.11.15 Thu l BMW l コメント (12) トラックバック (0) l top